心と体

高齢者の認知症

高齢者の認知症です。

厚生労働省研究班(代表研究者・朝田隆筑波大教授)の
調査です。

65歳以上の高齢者で認知症の人が
推計15%もいるそうです。
2012年時点で462万人にもいるそうです。

軽度認知障害(MCI)と呼ばれる「予備群」が
約400万人いることも初めてわかったそうです。

調査は、09~12年度、専門医などがいて

診断環境が整っている茨城県つくば市、
同県利根町、愛知県大府市、島根県海士町、
佐賀県伊万里市、大分県杵築市、
福岡県久山町、同県大牟田市など8市町で
選んだ高齢者5386人分の調査データを使って
計算したそうです。

400万人って多いですね。
それでも15%ですからね。

社会保障費も増大しますね。
高度成長期を牽引した人が高齢化して
いますからね。
これからも増えていきます。
実際に数字がでると驚きます。

|

幸福感の高い世代

意味があるかどうかわかりませんが。

大阪大で開かれた老年学研究会のシンポジウムです。

70~90代の男女別では、90代女性が

最も幸福感が高いという研究成果が発表されたそうです。

研究会の健康長寿研究によると、

過去1カ月間に「気分がいい」「とても幸せだ」など
肯定的感情を感じたかという質問に
5段階で答えてもらったそうです。

70代が7.4点▽80代8.2点▽90代8.8点
と90代が最も幸福感を示す値が高かったそうです。
性別で見ると女性の方がいずれの年代でも、
0.2~1点男性を上回っていたそうです。

これらの結果について、阪大臨床生死学・
老年行動学研究分野の中川威助教は
「男性はどの年代でも社会的規範に敏感で、
目標を高く置きがち。身体的機能が衰えたときに、
悲観しやすいのかもしれない」と指摘したそうです。

たった、1点上回ったくらいでわからないと思います。

そして、こういう調査って意味がないと思いますよ。
幸福に感じるから長生きしているのです。

悲観的に感じたり体力的な問題があるから、
早く死ぬのです。

悲観的な人が長生きするわけがないでは
ないですから。

|

やせていてもメタボ?

肥満度を示す数値にBMIというものがあります。
その値のひ18.5未満の人はやせている人です。

でも、それら人でも、血糖値など血液検査のいずれかの
値が、メタボ検診の基準値の値を超えている人が4人に
1人いるそうです。

これらの人も、心筋梗塞などを起こす可能性があるそうです。

太った人ばかりがメタボかなと思っていましたが、
やせた人もメタボなのですね。

やっぱり、食生活が変わってきているのでしょうか。
昔の日本食に戻る必要があるのかもしれませんね。

コンビニの食材は、添加物だらけです。

|

飲酒で肺がんの危険度あがる

タバコは、肺がんになるというのは、よく知られています。
タバコとお酒の両方はもっと、悪いですね。

厚生労働省研究班が、お酒とタバコの関係をしらべたようです。

4万6000人も調べたそうです。

お酒を飲む量が多いほど、肺がんの発症の確率が高くなります。
毎日、2合以上飲む人は、時々飲む人の、1.7倍だったそうです。

2合って、ビール2本くらいかな?

でも、肺がんになりそうな人は、お酒をへらす前にまずタバコをやめるべきですね。

|