ニュース

指定国立大学

研究・教育・社会貢献で世界トップクラスを
目指す大学を、文部科学省が支援する
「指定国立大学」制度が本格化したそうです。

国に言われる以上のことを自ら
企画し、経営などを改革する新たな
大学ブランドだそうです。

指定国立大学は2017年度からの新制度で
6月に東北大学、東京大学、京都大学が、
18年3月に東京工業大学、名古屋大学が
それぞれ指定されたすです。

名大は岐阜大学との経営統合の
議論が注目を集めているが、これは指定に
向けたプランを練る中で具体化してきたそうです。

政府は大学の連携・再編の大きな方向性を
議論している。

名大は指定国立大の構想を練る中で、
旧帝大で最も規模が小さいことを振り返り、
統合による競争力強化へと自らかじを
切ったそうです。

指定国立大のポイントは、日本の大学の
弱みとされる財務基盤の強化に
向けた計画だったそうです。

新事業創出のインキュベーション施設、
キャンパス有効利用の再開発事業、
100億円の寄付基金などが各大学から
上がっているそうです。

文科省高等教育局の義本博司局長は、
同制度により「大学の機能強化に向け、
特に執行部の間で強い意識改革が
進んだ」と効果を強調しているそうです。

大学もいろいろな取り組みをおこなって
いるようです。
いいですね。
国立大学も変わっています。

|

スマホの無料貸し出し

神奈川県が2~3月、訪日外国人を
呼び込む観光振興策として、
スマートフォン300台を無料で
貸し出す実証実験を行ったそうです。

利用は20件にとどまったそうです。

大半の外国人観光客が、日本国内でも
自分のスマホを利用できるよう
来日前に手続きを済ませており、
「もう1台は不要」と借りてくれなかったそうです。

県はPR不足と見通しの甘さを認め、
今年度にも予定していた
本格導入のあり方を見直すそうです。

でも、難しいことがわかったことは
重要です。

他の対策を考えればよいですからね。

こういうことはやってみることが
重要です。
やらないとわかりませんからね。

次のステップです。

|

タクシー暴行男

北海道札幌市でタクシーの中で暴れ、
防犯ボードを壊して立ち去った男は、
札幌の30代の弁護士だったそうです。

6日夜、札幌のススキノからタクシーに
乗った男が、経路をめぐって男性運転手に
いいがかりをつけ、トラブルになったそうです。

男は、車内の防犯ボードを蹴って壊したほか、
運賃990円を支払わずにそのまま立ち去ったそうです。
タクシー会社は、8日に被害届を出し、
警察は器物損壊容疑で捜査を始めたそうです。

その後の取材で、男は、札幌弁護士会所属の
30代の弁護士だったそうです。
警察は、この男性弁護士から事情を
聴き、事件の詳しいいきさつを調べているそうです。

驚きますね。
弁護士ですか。
名前とも公表すべきですね。
こういう人が弁護士をすることが驚きます。

|

平さんが急死

NHK大河ドラマ「国盗り物語」などで
知られる名優、平幹二朗さんです。

東京都内の自宅で死去したそうです。
82歳だったそうです。

警視庁北沢署によると、この日、一人暮らしの
平さんと連絡がつかないことから長男の俳優、
平岳大(42)が訪れたところ、浴槽で心肺停止状態の
平さんを発見したそうです。

死因は不明。
放送中のフジテレビ系「カインとアベル」(月曜後9・0)にも
出演しているそうです。

一人で住んでいたそうです。

最近、孤独死が多いですね。
一人住まいの高齢者が増えています。

お風呂などは、気をつけないと
いけませんね。

速く発見する体制が必要に
なりますね。

|

夏かぜの「ヘルパンギーナ」

口のなかに水ほうができる
夏かぜの「ヘルパンギーナ」が
流行しているそうです。

東京都は患者の数が警報基準を
超えたとして、注意を呼びかけているそうです。

「ヘルパンギーナ」は乳幼児を中心に
感染が広がる夏かぜの一種で、
38度以上の高熱や口のなかに
水ほうができるなどの症状が
出るそうです。

東京都によりますと、今月17日までの
1週間に、都内の小児科から報告された
患者は1医療機関あたり5.89人で
前の週から1.8人増えたそうです。

東京都は警報基準を超え、大きな
流行になっているとして、こまめな
手洗いやうがいなどを呼びかけて
いるそうです。

気をつけないといけませんね。
保育園などで、急激に広がりますね。

|

糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットがブームと
なっているそうです。

その影響で、飲食店での“ライス残し”が
多発しているそうです。

自身のダイエットのため、という言い分は
わからなくもないが、注文して
おきながらもライスを残す客の
多さに飲食店の従業員は困惑しているそうです。

「米粒を残したら、目が潰れる」という
言い伝えが日本にあるように、食が
豊かでない時代には米は貴重なものだった。
しかし、食に不自由しない豊かな
時代となった昨今では、こうした
“ライス残し”は当たり前のこととして
多発しているそうです。

昨年10月、全国の20~69歳男女を
対象に実施された農林水産省の
「国民食生活実態調査」をおこなったそうです。

20代男性のおよそ5人に1人が、
1か月間コメを食べない食生活を
しているそうです。

ごはんを残すなら、少なめに
注文すべきですね。
残すのは、もったいないですね。

変な、ダイエットがありますね。

|

災害復旧

熊本、大分の両県で発生した
大地震は現地に壊滅的な被害を
もたらしました。

家屋の倒壊のみならず、
道路をはじめとするインフラも
大きな被害を受けました。

中国メディアの参考消息はこのほど、
熊本地震によって崩壊した道路がわずか
1週間で元通りになったと伝えたそうです。

その復旧の速度と作業効率の
高さに対して、中国や台湾で
驚きの声があがっているそうです。

極めて大きな地震だった熊本地震では
「わずか1週間で道路が復旧した」箇所が
あることを紹介し、復旧前と復旧後の
実際の様子を写真で伝えたそうです。

インフラですからね。
道路がないと、物資を運べません。

新幹線も動きました。
復旧せざるを得ないと思います。

日本人からみても早いと思います。

|

焼き芋

サツマイモの「焼き芋」が

新たなスイーツとして
広がり始めているそうです。
サツマイモは戦時中、戦後の
食料不足を補う主力食品の
一つでした。
その後の品種改良や熟成技術の
進歩などですっかりおしゃれな
おやつに変身したそうです。
街角には焼き芋専門店も開店し、
女性に限らず幅広い人気を
集めているそうです。
最近は外国人観光客の目にも
留まり始め、農水省もPRに
一層力を入れ始めたそうです。
最近のさつまいもは、甘くなって
います。
おいしいですね。
人気が出るのがわかります。

|

揚げ物

外食や宴会料理で必ず饗されるのが、

揚げ物です。
この揚げ物には要注意だそうです。
揚げ油の原材料は大豆、菜種、
トウモロコシなどが多いのですが、
これらはほとんどが遺伝子組み換えに
よってつくられたものだそうです。
加えて、揚げ物をつくっている間に
油が高温にさらされることによって
酸化するそうです。
酸化した油は、体によくないそうです。
食べた後に酸っぱいゲップが出たら、
食べた揚げ物に使われていた油が
酸化していたそうです。
揚げ油にはアブラヤシを原材料とした
パーム油が使われることも
あるそうです。
このパーム油がまた危険度が高く、
発がん作用があるそうです。
すい臓から出るホルモンである
インスリンの働きを阻害して、
糖尿病の発症に影響を与えるそうです。

|

タカタ製エアバッグ

日産自動車は2日、タカタ製の

助手席用エアバッグを搭載した
リコール(回収・無償修理)対象車両が
トラックに衝突した際、助手席に
乗っていた女性がけがを負ったと
発表したそうです。
日産は、状況から判断して
「飛び散ったエアバッグ部品が
原因で女性はけがをした可能性が
高い」そうです。
車両は今年5月にリコールを届け出た
スポーツ用多目的車(SUV)
「エクストレイル」(2006年8月30日に生産)
だそうです。
リコール対象車だったそうです。
でも、気密性に異常がみられなかったということで
運転を続けていたそうです。
日産は今回の事故を踏まえ、気密性に
異常がみられなくても交換部品が
届くまでエアバッグの作動を停止させる
措置を講じるそうです。
エアバッグで怪我をしたら困りますね。
全車、交換すべきですね。
タカタの問題は、まだあるのですね。

|

より以前の記事一覧