« 工作機械受注 | トップページ | 航空会社 »

部品不足

新型肺炎の影響で人の移動や物流が
制限される中国で、日本のメーカーは
手探りの生産再開を強いられている。

マツダは12日以降を目指した南京市での
四輪車工場の再稼働を17日以降に延期する。

再開したメーカーも人員や部品の不足で、
フル操業には程遠い。

日産自動車は中国からの部品調達の
遅れで九州工場を一時停止。
在庫をにらみつつ、代替調達先の確保へ
動き始めた企業もある。

「部品遅れなどの状況を精査し、判断した」。

マツダは稼働延期の理由をこう説明した。
ブリヂストンも人員不足で、恵州市のタイヤ工場の
再開時期を10日から17日以降に延ばした。
日本たばこ産業(JT)も、加工食品を製造・
販売する6拠点のうち2拠点で再開を延期した。

再開にこぎ着けたメーカーも本格稼働
できない状況が続く。

半導体製造のルネサスエレクトロニクスは
北京市などの工場の稼働率が「50%程度」。

上海などにある工場を再開させた京セラも
「通常稼働に戻っていない」という。

完全操業までにまだ、かなりかかりそうですね。
いつ収束するのでしょうか。

|

« 工作機械受注 | トップページ | 航空会社 »