« サムスンの縦折りスマホ | トップページ | 部品不足 »

工作機械受注

日本工作機械工業会が12日に発表した
1月の受注速報によると、受注総額が
前年同月比35・6%減の807億7500万円となり、
16カ月連続で前年同月実績を下回ったそうです。

平成25年1月以来、7年ぶりの低い水準。

好不調の判断の境目となる1000億円を
下回ったのは6カ月連続。

米中貿易摩擦の影響から、自動車や
機械関連での受注の低迷が続いている。

内需は36・7%減の296億2100万円で、
14カ月連続のマイナス。

外需は34・9%減の511億5400万円で、
16カ月連続のマイナスだったそうです。

米中摩擦と新型肺炎の影響でしょうか。
まだ当分続きそうですね。

|

« サムスンの縦折りスマホ | トップページ | 部品不足 »