« 中国企業の私募債デフォルト | トップページ | 中国の対米貿易 »

ファーウェイ

中国の通信機器大手、華為技術
(ファーウェイ)が新型の高性能
スマートフォン「Mate(メイト)30」
シリーズ発売を予定しているそうです。

ただ1つ問題なのは、グーグルの
アプリやサービスが使えないそうです。

ファーウェイは欧州で、新しい
主力スマホの発売計画を進めているそうです。

「メイト30」は、現モデル「メイト20」の後継機
発売は9月18日の予定だ

ただ、1つだけ問題がある
グーグルの人気アプリが使えないということ

ファーウェイは5月中旬、米企業との取引を
事実上禁止された。
つまり、純正のグーグルアプリやサービスを
載せた新型デバイスを販売できない

米企業はファーウェイへの供給禁止の
適用除外が申請できる
商務省には130件以上の申請があった

だが、まだ承認されたものはなく
グーグルは申請したかどうかさえ明らかにしていない

iOSとAndroidがほとんどを占めています。
今から、新しいOSは厳しいですね。
スマートフォンは、ソフトがなけれが、ただの
箱ですからね。

アプリの開発もあります。
例えば、LINEのアプリがなければ、日本では、
ファーウェイは、売れないでしょうね。
そんなものです。

|

« 中国企業の私募債デフォルト | トップページ | 中国の対米貿易 »