« JASRAC | トップページ | 中国企業の私募債デフォルト »

香港問題

香港の抗議活動のきっかけとなった
逃亡犯条例改正案の撤回を認めた
中国政府だが、普通選挙の実施など
それ以外の反対派の要求を受け入れる
気配はないそうです。

エスカレートする運動を「『一国二制度』に
挑戦する反政府活動」と位置付けており、
今後はより強硬な姿勢で臨む可能性がある。

中国外務省の耿爽副報道局長は4日の
記者会見で「国務院香港マカオ事務弁公室が
昨日、中国の見解を説明している」と、
撤回への具体的なコメントを避けた。

同弁公室の徐露穎報道官は3日の記者会見で
香港政府への支持を重ねて表明。
10月1日の建国70周年までの事態沈静化に向け、
実害のない改正案撤回までは譲歩した格好だ。

しかし、反対派が掲げる「五大要求」のうち、
残る四つに習近平指導部が応じる可能性は低い。

中国国旗を海に投げ捨てるなど破壊行為を
無罪放免にすることはもちろん、1人1票の
普通選挙を認めることは、国内的にもできない。

軍や武装警察を投入すれば国際社会の
批判が必至なだけに、中国政府は今後も
香港政府を前面に収束を図る構えだそうです。

今、世界から、中国に制裁されると、中国は
崩壊しますからね。
アメリカの関税だけでも、景気が減速します。
貿易の停止などがおこったら大変です。

香港もわかっていますからね。
どうなるのでしょうか。
予断を許しません。

|

« JASRAC | トップページ | 中国企業の私募債デフォルト »