« カルソニックカンセイ | トップページ | 中国の工業生産 »

サウジアラビア

サウジアラビアのアブドルアジズ・ビン・サルマン
(Abdulaziz bin Salman)エネルギー相は14日、
イエメンの反政府武装組織フーシ派(Huthi)の
無人機(ドローン)に攻撃された国営石油会社
サウジ・アラムコ(Saudi Aramco)の施設
2か所での生産が一部停止したと発表したそうです。

国営サウジ通信(SPA)が伝えた。

攻撃を受けて生産を停止したのは
アブカイク(Abqaiq)とクライス(Khurais)にある
2か所の施設で、これにより同国の原油生産の
約50%が止まったという。サウジ・アラムコは
生産が止まったのは日量570万バレル分に
当たると発表したそうです。

サウジ・アラムコのアミン・ナセル
(Amin Nasser)最高経営責任者(CEO) は、
生産再開に向けた作業が進行中で、
2日以内に進捗(しんちょく)状況を報告する
予定だと述べた。
ナセル氏によると、今回の攻撃で負傷者は
出なかった。

政情不安になりますね。
回復までに時間がかかるかもしれません。
原油価格はどうなるでしょうか。

|

« カルソニックカンセイ | トップページ | 中国の工業生産 »