« ほっともっと | トップページ | 中国の原子力 »

ハイブリッド車

自動車業界で勢いを増す「電動化」の潮流に
変化が起きているそうです。

電気自動車(EV)の陰に隠れがちだった
ハイブリッド車(HV)が再び注目されてきた。

トヨタ自動車は関連特許の開放を決め、
中国政府は環境規制でHVを優遇する
方針を示したそうです。

パワートレーン(駆動装置)の組み合わせを
最適化し、二酸化炭素(CO2)排出量低減を
狙う考え方が広まってきたことが背景にある。

HVが勢いを保つには、コスト低減を
継続できるかがカギを握る。

経済産業省と国土交通省は6月、2030年度までに
新車の燃費を16年度の実績値比で32%
改善することを自動車メーカーに義務付ける
新たな燃費基準を公表した。

新基準の特徴の一つは、原則除外してきた
EVやプラグインハイブリッド車(PHV)を対象に加え、
燃費評価に「ウェル・ツー・ホイール(W2W、
油田から車輪まで)」と呼ぶ考え方を導入した点だそうです。

W2Wは自動車の走行時だけでなく、ガソリンや
電気がつくられる工程も含めて燃費を評価する。
EVは走行時のCO2排出量はゼロだが、
石炭火力で発電した電気で走ればトータルで
CO2排出量はゼロとはいえないそうです。

確かにそうですね。
電気を作るコストがかかります。
全体で考える必要があります。

|

« ほっともっと | トップページ | 中国の原子力 »