« アメリカ株 | トップページ | お盆期間の渡航先 »

韓国企業

日本政府が韓国に対し、半導体製造に
使われるフッ化水素など3品目の
輸出管理を厳格化して、4日で1か月となります。

これまでに日韓双方の生産活動や
企業業績に目立った影響はないが、
韓国側は在庫の積み増しや調達先の
多様化を進める一方、日本企業も
先行きに警戒感を強めているそうです。

北京を訪問中の世耕経済産業相は3日、
記者会見で3品目の輸出管理厳格化に
ついて「企業に対しては丁寧に説明している。

不安や懸念を持っている企業は、
そんなにないのではないか」と語った。

厳格化の対象となったのは、
〈1〉半導体の洗浄に使うフッ化水素
〈2〉半導体の基板に塗る感光剤のレジスト
〈3〉有機ELパネルに使われるフッ化ポリイミドの3品目だ。

いずれも日本企業が世界で高い生産シェア
(市場占有率)を持つ。

一部は外国企業が代わりに生産できる可能性はある。
だが、例えば、高純度のフッ化水素の生産は
日本企業にほぼ限られるとみられ、高性能な
半導体の開発・生産を目指す韓国企業には
影響が大きいそうです。

韓国政府は速く対応すべきですね。
影響が出始めてからでは遅すぎます。
駄目な政府ですね。

|

« アメリカ株 | トップページ | お盆期間の渡航先 »