« 香港のデモ | トップページ | 老舗書店 »

日本の貿易報復

日本の輸出規制品目拡大の可能性など
韓日貿易問題の懸念が広がり、
韓国の株価が下落したそうです。

サムスン電子やSKハイニックスなど
半導体株の下落幅が拡大し、指数を引き下げている。

8日午前11時47分現在のKOSPI(韓国総合株価指数)は
前週末比1.88%下落した2070.96で、
KOSDAQは2.73%下落した675.25で取引されている。
時価総額上位15銘柄はすべて値下がりしているそうです。

サムスン電子(-2.74%)、SKハイニックス
(2.34%)のほか、LG化学(-2.54%)、
サムスン物産(-2.54%)も下落幅が大きい。

業種別には保険が0.18%、電気ガス業が0.50%、
医療精密が5.26%、非金属鉱物が3.36%
値下がりしている。

株式市場が急落したのは、日本の輸出規制により
不確実性が高まり、国内企業の業績などに
対する懸念が強まった影響があるとみられるそうです。

韓国は、早急に徴用工の対策をつべきですね。
日本は、当然、次も考えていますからね。

手遅れにならないうちに。

|

« 香港のデモ | トップページ | 老舗書店 »