« アップルの雇用創出 | トップページ | 大丸松坂屋 »

燃料電池車

経済産業省の有識者会議は12日、
二酸化炭素を排出しないクリーンエネルギーとして
期待される水素の利用拡大に向けた
実行計画「水素・燃料電池戦略ロードマップ」を
改定したそうです。

水素で動く燃料電池車(FCV)の
価格を2025年までに大幅に引き下げ、
普及を目指すことなどが柱だそうです。

FCVは、水素を燃料に発電し、
走行中に排ガスを出さない自動車。

国内ではトヨタ自動車とホンダが販売している。
製造コストが高く、高価格で、トヨタの
場合は1台約760万円と、同じグレードの
ハイブリッド車に比べ、約260万円高い。

改定ロードマップでは、25年までにFCVと
ハイブリッド車との価格差を70万円程度にまで
縮小させる目標を設定。

技術開発を進め、燃料電池の製造コストを
4分の1まで下げるなどとしたそうです。

まだ高いですね。
今の自動車レベルでないと買いませんね。
普及もし厳しいですね。
技術は、すごいので、自動車だけではなくて
他の利用も考えるべきですね。

|

« アップルの雇用創出 | トップページ | 大丸松坂屋 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事