« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月

韓国の家電メーカー

日本の新興家電メーカー・バルミューダと、
英ダイソンです。

韓国での販売拡大を競っているそうです。

GDP世界12位、人口約5100万人の韓国は、
市場としては決して大きくない上に、
少子化も急速に進む。さらに、世界的電機メーカー・
サムスン電子のお膝元でもある。

この厳しい市場で日本などの家電メーカーが
勝負をかけているそうです。

2月12日、トースターや炊飯器などで知られる
日本の新興家電メーカー・バルミューダが、
空気清浄機の新モデル『BALMUDA 
The Pure』を発表したそうです。

同じ日、掃除機などで有名な英国の
家電メーカー、ダイソンのデスクライト
『Dyson Lightcycle task light』の
発表会も、韓国で開催されたそうです。
デザイン性や機能性に優れた製品づくりで
ブランド力を高める家電メーカー2社が相次いで
韓国での新商品を発表したそうです。

日本でもよく知られるPM2.5だそうです。
中国から飛来するものと推測されるが、
韓国の知人に聞くと、飛散がひどい時には、
子どもを外で遊ばせないようにしたり、
外出時にマスクを着けたりしなければ
ならないそうです。

こうした環境問題などを背景に、バルミューダ
製空気清浄機の一つ前のモデルである
『Air Engine』は、2013年に韓国で販売を
開始して以来、毎年、日本を上回る売り上げを
記録してきたそうです。

環境ですか。
日本製品は売れるのですね。
よいことです。

|

パチンコ業界

矢野経済研究所(東京都中野区)は、
全国パチンコホール経営企業に関する
調査を実施したそうです。

それによると、2018年12月末で
企業数は前年比241社減の3003社だったそうです。

5号機への移行が完了した08年以降で
最大の減少数となったそうです。
また、パチンコホール数は同464店舗減の
9794店舗。

減少の主な要因は、小規模なホールを
経営する企業の撤退や倒産だそうです。

18年2月に遊技機規則が改正されたことで、
遊技機のほぼ全てを21年1月までに
新規則対応機に入れ替える必要があるそうです。

矢野経済では、これにより、費用負担に
耐えられない企業が出てくると予測。

今後数年は企業数と店舗数ともに
減少が加速すると見込む。

18年のパチンコホールの新規出店数は、
前年比43店舗減の119店舗だったそうです。

客が経ていると思います。
若い人は、パチンコをしませんからね。
換金できないようにしたら良いと思いますが。

|

中国EV

中国の大手電気自動車(EV)メーカー、
比亜迪(BYD)の日本法人ビーワイディージャパン
(横浜市)です。


25日、日本市場向けに開発した小型電気バス
「J6」を販売すると発表したそうです。

同社の従来車種よりも走行距離を
延ばし、価格も抑えた。
25日から予約を受け付け、2020年春以降に
納車するそうです。

J6は車体にアルミニウムを使って軽量化し、
1回の充電で200キロ走行可能という。

充電時間は3時間で希望小売価格は約2100万円。
25~31人乗りまで三つの仕様を用意したそうです。

高齢化が進む地域でのコミュニティーバスなどの
需要を想定しており、年間200台の販売を見込むそうです。

普及するでしょうか。
日本企業も頑張ってほしいですね。

注目です。

|

Tポイント

コンビニやスーパー、ドラッグストアなどの
レジで必ずと言っていいほど耳にする
このセリフを世に広めたとされるのが、
カルチュア・コンビニエンス・クラブ(=CCC、
本社・東京)運営の「T(ポイント)カード」です。

いくつもの業種にまたがって共通のポイントを
貯めたり利用したりできるのが特徴で、
1社のみのポイントにはなかった利便性を
アピールし、加盟企業数と利用者数を急伸させたそうです。

それが今、曲がり角を迎えているそうです。

三越伊勢丹グループ、ドトールコーヒー、ヤフーの
通販サイト……。業界を代表する有名企業が
次々とTポイントから離脱したり、離脱を表明したり
しています。
Tポイント陣営の代表格とされるファミリマートの
ように、利用者がTポイント以外のポイントも
選べる「マルチポイント」にシフトする企業も
現れているそうです。

CCCが公表しているデータによると、
Tポイントを導入しているのは179社94万1898店舗
(2018年7月)。直近1年間にTポイントを利用した会員の
数は約6788万人(18年9月末時点、同一ユーザーを
名寄せした人数)に達するそうです。

共通ポイントをめぐっては、CCCのほかに、
三菱商事系のロイヤリティマーケティング(Ponta)、
楽天(楽天スーパーポイント)、NTTドコモ(dポイント)
の各陣営が激しい競争を繰り広げているそうです。
新たなライバルも台頭しています。
その代表格が、PayPay(ペイペイ)やLINE 
Payなどスマホ決済サービスだそうです。

確かに、スマホ決済サービスrがどんどん出てきています。
競争が激しくなっています。
時代の流れでしょうか。

|

加圧シャツ

消費者庁は22日、着るだけで圧力に
よって体が「痩せる」「筋肉が付く」と
うたう男性向けの「加圧シャツ」の広告は
科学的根拠がなく、景品表示法違反
(優良誤認)に当たるとして、販売会社
「イッティ」(東京都渋谷区)など9社に
再発防止命令を出したそうです。
消費者庁表示対策課によると、命令を
受けた対象商品は計15点。いずれも
ポリウレタン製で伸縮性があり、平均3千~4千円で
売られていたそうです。
9社は自社のウェブサイトや通販サイト
「楽天市場」で、「着るだけで1時間で
腹筋200回分の効果」「1週間でマイナス
5キロ」などと表示したそうです。
根拠がないのですね。
誇大広告は駄目ですね。

|

デサント

スポーツ用品大手デサントです。

石本雅敏社長が経営体制の刷新に伴い、
退任する見通しとなったそうです。

伊藤忠商事による敵対的な株式公開買い付け
(TOB)成立を受け、トップとしての責任の
明確化が不可避となった。
伊藤忠とデサントは17日夕、TOB成立後初の
協議を大阪市内で開いたそうです。

伊藤忠は石本氏を含むデサント経営陣の
刷新を要求してきた。
デサント社内にも退任はやむを得ないとの
認識が広がっているそうです。

協議が決着しても退任する方向で、
決裂すれば伊藤忠が解任に動くそうです。

日本では、敵対的な株式公開買い付け(TOB)は
珍しいですね。

社長は交代するでしょうね。
これからに注目です。

|

ファーウェイ製品

ドイツ政府報道官は15日までに、
同国の第5世代(5G)移動通信システム
整備で中国の通信機器大手、華為技術
(ファーウェイ)製品を採用すれば機密情報の
共有を制限すると米国が警告したことに関連し、
米独情報機関の協力は「非常に重要だ」と
述べたそうです。

対米関係を基軸に据えていると
強調した形だそうです。

ドイツはファーウェイ製品の排除を
強行しない方向で調整を進めており、
米国が不満を募らせていたそうです。

報道官は13日の記者会見で、5G整備を巡り、
米国を含めた関係国と対話を進めている
ことも明らかにしたそうです。

ドイツが、どうするか注目されていました。
中国との関係もありますからね。

アメリカに従うのでしょうか。

|

大丸松坂屋

大丸松坂屋百貨店です。.

飲食や物販、フィットネスクラブなどを
集めた新たな商業施設「BINO(ビーノ)
東洞院」を、京都市中京区東洞院通蛸薬師下ルで
4月3日にオープンするそうです。

百貨店の主力であるアパレルの不振が続く中、
女性の美容と健康をコンセプトにした
計5店舗で若い世代の集客を目指す。

施設は3階建てで、延べ1600平方メートル。
米ニューヨーク発のハンバーガー専門店
「シェイクシャック」(1日開店)とジム「ベストスタイルフィットネス」
(6月開店予定)は京都初出店となる。

ほかにオーダースーツ専門店「ギンザグローバル
スタイル」、バレエグッズを扱う「チャコット」、
セレクトショップ「ストラスブルゴ」が進出するそうです。

百貨店各社は看板のアパレルで苦戦し、
新たな施設形態を模索している。
大丸松坂屋百貨店を含むJ・フロントリテイリング
グループは一昨年、東京・銀座の一等地に
「ギンザシックス」を開業。
衣料品を圧縮し、雑貨や食料品の販売比率を
高める売り場づくりを展開しているそうです。

百貨店もいろいろやってみると
良いと思います。
今までも百貨店では生き残りは
厳しいですね。

|

燃料電池車

経済産業省の有識者会議は12日、
二酸化炭素を排出しないクリーンエネルギーとして
期待される水素の利用拡大に向けた
実行計画「水素・燃料電池戦略ロードマップ」を
改定したそうです。

水素で動く燃料電池車(FCV)の
価格を2025年までに大幅に引き下げ、
普及を目指すことなどが柱だそうです。

FCVは、水素を燃料に発電し、
走行中に排ガスを出さない自動車。

国内ではトヨタ自動車とホンダが販売している。
製造コストが高く、高価格で、トヨタの
場合は1台約760万円と、同じグレードの
ハイブリッド車に比べ、約260万円高い。

改定ロードマップでは、25年までにFCVと
ハイブリッド車との価格差を70万円程度にまで
縮小させる目標を設定。

技術開発を進め、燃料電池の製造コストを
4分の1まで下げるなどとしたそうです。

まだ高いですね。
今の自動車レベルでないと買いませんね。
普及もし厳しいですね。
技術は、すごいので、自動車だけではなくて
他の利用も考えるべきですね。

|

アップルの雇用創出

米アップルの事業展開に伴い、
電子部品メーカーやアプリ開発など
日本での雇用創出が80万人を超えたそうです。

日本法人のホームページで公表したそうです。

内訳は日本法人の社員4000人のほか、
アップル向けのサプライヤーで22万人、
アプリケーションのダウンロードサービス
「アップストア」の開設により新たに生み出された
アプリの開発・設計に関する産業で57万6000人。
アイフォーン向けに部品を供給する村田製作所や
ミネベアミツミを写真付きで紹介したそうです。

アイフォーンの販売は伸び悩み、
2018年10-12月期の売上高は
前年同期に比べ15%減少した。

日本の携帯市場では首位を維持しており、
ホームページでは「私たちの主要な製品は、
日本で作られた部品や材料を含んでいるか、
日本を拠点とするサプライヤーの機器を
使って作られている」として日本の重要性を
強調したそうです。

でも、反対に、日本の製品が、売れませんからね。
そうかなと思いますが。

日本の部品は、他のスマホ企業も使っていますからね。

|

韓国への報復関税

日本政府が、韓国の最高裁判所(大法院)判決で
昨年最終的に勝訴した韓国人強制動員被害者らが、
韓国内にある日本企業から差し押さえた資産を
実際に売却した場合、韓国産輸出品に
報復関税を課す対抗措置をとる方針を
固めたそうです。

時事通信は9日付で、複数の日本政府関係者を引用し、
「日本政府が(1965年)日韓請求権協定に
基づく協議をぎりぎりまで呼びかける方針だが、
韓国政府がこれに応じる兆しはない」とし、
日本政府がすでに具体的な報復措置のリストアップを
終えたと報じたそうです。

同紙によると、日本政府は報復関税
▽一部日本製品の供給停止
▽ビザ発給制限など、韓国に対する
100前後の対抗措置の選択肢を用意しているそうです。

日本政府は今後、資産の売却が実行され、
日本企業に実質的な被害が及んだ場合、
このような措置の世界貿易機関(WTO)協定との
整合性や日本経済に与える影響などを
考慮し、決断を下す見通しだそうです。

日本政府はまた、韓国政府に提案した協議要請を
取り下げ、請求権協定によって第3国委員を
含む仲裁委員会の設置を要請する予定だそうです。

いいことです。
報復関税をすべきですね。
日本からの機械や、半導体の材料を
止めるべきです。
財閥企業は、潰れます。

|

日産と三菱のオランダ統括会社

日産自動車と三菱自動車が、オランダの
統括会社「日産三菱BV」を閉鎖する
方向で調整していることが8日、
明らかになったそうです。

統括会社は、日産と三菱自の会長を
兼務していたカルロス・ゴーン被告に対し、
約10億円の報酬を不透明な形で支出する
窓口となっていたそうです。

両社は不適切行為の舞台となったことを
重く受け止め、統括会社の整理は
避けられないと判断したそうです。

統括会社は、日産が三菱自への出資を
決めた直後の2016年6月ごろ、ゴーン被告や
側近の間で設立の検討が始まった。

日本で開示義務がない報酬を同被告に
支払うのが目的だったとされる。
ただ、同被告側は三菱自に対し、「提携効果を
最大限に引き出す戦略を立案するため」
などと説明していたそうです。

17年6月に日産と三菱自が折半出資で設立し、
18年には運営資金として両社が約21億円を
拠出。この約半分が18年4~11月にかけ、
統括会社の取締役のゴーン被告に渡ったそうです。

いろいろ出てきます。
ゴーン被告は有罪だと思いますよ。
こういう人が社長や会長にいたのは、
巧妙ですし問題ですね。

検察は徹底的に調べるべきですね。

|

レオパレス

レオパレス21の施工不良問題の
拡大から7日で1カ月が経過したそうです。

少なくとも3千棟以上が建築基準法違反と
なる恐れが出ているそうです。

国土交通省はレオパレスの対応を問題視しており、
全棟改修の完了時期の前倒しを求めるなど
監視を強化したそうです。

ただし全物件調査や問題物件からの
住民退去の終了時期は未定で、
完全解決には時間がかかりそうです。

レオパレスは2月7日の発表で新たに
1324棟で法令違反の疑いがあると発表した。
国交省は問題の拡大前から1895棟を
建築基準法違反と認定しており、違反物件は
3千棟を超える公算が大きいそうです。

こうした中、国交省はレオパレスの対応が
不十分だとみて、全棟改修の完了時期をレオパレスが
設定した10月から8月に前倒しさせる異例の
対応を取ったそうです。

国交省幹部はレオパレスの企業体質について
「闇は深い」と苦言を呈しているそうです。

オーナーさんは大変ですね。
まず。レオパレスに入居する人が減るでしょうね。
建築基準に合っていないのであれば
心配です。

オーナーさんの売り上げも落ちます。
厳しいですね。

|

アマゾン

米アマゾン・ドット・コムです。

国内の短期営業店舗ポップアップストアを
全て閉店し、書籍販売の実店舗「アマゾン・ブックス」の
増設に力点を移す計画だそうです。

株価はこの日の取引を1.4%安で引けた。
米書店チェーン大手バーンズ・アンド・ノーブル
(B&N)は8.9%急落だったそうです。

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)は先に、
アマゾンが米国内のポップアップストア87店舗を
4月末までに全て閉店する計画と報じていた。

ポップアップストアはここ数年、アマゾンのAI(人工知能)
スピーカー「エコー」などの目新しい商品を取り扱ってきたが、
同社が2017年に買収した食品スーパー、ホール・フーズの
広範な店舗網や昨年開設したレジ無しコンビニ「アマゾン・ゴー」で
新製品を含む幅広い商品の販売が可能になったそうです。

同担当者は「熟考の結果、ポップアップ店舗を廃止する決定に至った。
その代わりにアマゾン・ブックスとアマゾン・4スターを拡大する」と
述べたそうです。

アマゾンもいろいろやっています。

他の企業も負けないようにする必要があります。
日本でもいろいろあるのでしょうか。

|

日産自動車のイギリス工場

日産自動車です。

英サンダーランド工場での生産を減らし、
最大400人を削減する計画を検討していると、
英スカイニューズ・テレビが5日報じたそうです。

報道が事実なら、英国の欧州連合(EU)からの
離脱をめぐる混迷が続く中、英自動車産業への
逆風が一段と強まりそうです。

報道によると、日産はサンダーランド工場で、
スポーツ用多目的車(SUV)「キャシュカイ」と
電気自動車「リーフ」の生産ラインを3シフト制から
2シフト制に減らす方向で検討しているそうです。

サンダーランド工場は日産の欧州における
主力生産拠点。英国内最大の自動車工場でもあり、
約6700人を雇用する。

今年2月には同工場での生産計画の一部を撤回し、
日本に生産を移すと発表したばかり。

ただ、日産の広報担当者はスカイに
「うわさか臆測だ」と報道内容を否定したそうです。

ホンダも工場を閉鎖するそうです。
イギリスから日本企業がどんどん出ていくかも
しれませんね。

|

ファーウェイ

米紙ニューヨーク・タイムズは4日、
中国の通信機器大手「華為技術」
(ファーウェイ)が、ファーウェイのサービスや
機器の利用を政府機関に禁じた米政府を
相手取り、近く提訴に踏み切る方針だと
報じたそうです。

同社が今週にも発表する予定だそうです。

同紙によると、ファーウェイは、米国本社がある
テキサス州の裁判所に提訴する方針。

米政府が昨年8月に成立させた国防権限法で、
米政府機関に対し、ファーウェイと「中興通訊」
(ZTE)のサービスや機器の利用を禁じたことに
ついて、裁判もなく特定の企業に制裁を科すのは、
米国憲法違反にあたると主張する見込みだそうです。

なかなかすごいですね。
ファーウェイもやりますね。

憲法違反ですか。

今後の対応がみたいですね。
アメリカはどうするでしょうか。
注目です。

|

米中貿易摩擦

米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)だそうです。

3日、米中両国が貿易協議で合意に至れば、
互いの輸入品に昨年発動した制裁・
報復関税の一部撤回を検討していると
報じたそうです。

協議に詳しい関係者の話として、
最終合意を目指す首脳会談は
今月27日前後に米国内で開催する
方向で調整が進められていると伝えたそうです。

トランプ米大統領は1日にツイッターで、
米国の農産品に対する関税を即時全廃するよう
中国に求めていると表明した。

同紙によると、貿易協議が決着すれば、
中国は米国産の農産品や化学品などに
昨年課した報復関税を取り下げ、
米国も制裁関税の一部撤回に
応じる姿勢を示しているそうです。

本当でしょうか。
何となく、違うような気がします。

今回の問題は、そんなに簡単なものでは
ないような気がします。

|

アメリカの新車販売

日本の自動車メーカー6社は1日、2月の
米新車販売台数を発表したそうです。

トヨタ自動車とホンダ、日産自動車、
マツダの4社が前年実績を下回り、
6社の合計は前年同月比4.8%減の
48万8924台になったそうです。

減少率が最も大きかったのは
日産で12.0%減の11万4342台だった。

主力のセダン「アルティマ」やスポーツタイプ
多目的車(SUV)「ローグ」が不振だったそうです。

トヨタはハイブリッド車「プリウス」やSUV
「RAV4」が振るわず、5.2%減の17万2748台。

マツダは3月に米国での新型発売を
控えた戦略車「マツダ3」が落ち込み、
7.3%減の2万3854台だったそうです。

全体的に減少しているのでしょうか。
景気の先行きが見えませんね。

|

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »