« 出国税 | トップページ | コカ・コーラ »

新車販売

日本自動車販売協会連合会と
全国軽自動車協会連合会が7日
2018年の国内新車販売台数を
発表したそです。

前年比0・7%増の527万2067台
だったそうです。
プラスとなるのは2年連続だそうです。

新車投入が相次いだ軽自動車の
人気が根強く、全体を底上げしたそうです。

軽は4・4%増の192万4124台と、
2年連続で増えた。ホンダの「エヌボックス」や、
スズキの「スペーシア」などの売れ行きが
好調だった。
軽では自動ブレーキなどの安全機能を
搭載したモデルが増えており、販売が
伸びているそうです。

一方、普通・小型車は1・3%減の334万7943台と
3年ぶりのマイナスとなった。
完成車両の検査を巡る不正が発覚した影響で、
SUBARU(スバル)は17・2%減と
大きく落ち込んだ。
日産自動車は4・3%増だったそうです。

明暗が分かれていますね。
全体的に増えているのはよいことです。
今年も売れればよいですが。

|

« 出国税 | トップページ | コカ・コーラ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事