« 文大統領発言 | トップページ | 今年の経済リスク »

地方の新卒採用

大学や大学院卒の学生の採用で
計画通りの人数を確保できない
企業が増えているそうです。

リクルートワークス研究所の調査によると、
昨年10月1日時点の企業の充足率
(新卒採用予定数に対する内定数の比率)は、
全国平均で80%と前年の同じ時期より4.3
ポイント低下しているそうです。

特に北海道や東北、四国などの
地方では、充足率が5割前後に
とどまるなど採用難が深刻になっているそうです。

一方で、大都市圏の充足率は
京阪神が9割を超え、首都圏と中部・
東海もそれぞれ8割台後半に
達するなど高水準にあるそうです。

同研究所は「労働供給が都市部に
集中している」と指摘。
景気拡大と若年人口の減少で慢性的な
人手不足が続く中、多くの大学や企業が
集中する都市部の方が、地方より人材を
確保しやすい状況にあるそうです。

人出不足ですからね。
特に、地域格差が大きいでしょうね。
企業も大都市の方が多いです。

|

« 文大統領発言 | トップページ | 今年の経済リスク »

経済・政治・国際」カテゴリの記事