« コカ・コーラ | トップページ | 文大統領発言 »

NEC

NECです。

2018年12月14日、KDDI、
大林組と共同で、次世代移動通信システム
「5G」を活用し、2台の建設機械を
遠隔操作によって連携させる作業に
成功したと発表したそうです。

作業は建設中の安威川ダム(大阪府茨木市)で
施工エリア一部を使用し、同月3日~14日に
かけて実施したそうです。

災害時は社会インフラの復旧が急務となるが、
土砂崩れなどの2次災害による作業員の
受傷防止のため、建設機械を遠隔操作する
遠隔操作システムの活用が期待されているそうです。

しかし、従来のWi-Fiなどを活用した遠隔操作では、
建設機械の操作に対して映像のずれが生じ、
作業効率が低下することがあったそうです。
特に、2台の建設機械が連携して作業する場合には、
遠隔操作と映像のずれを最小化することが
求められていたそうです。

実証試験では、高速、大容量、低遅延という
5Gの特長を活用。種類の異なる2台の建機を遠隔操作で
連携させ、土砂を運搬することに成功した。
各建機には、前方に2Kカメラを3台、全天球カメラを1台搭載。
計8台のカメラ映像と音声情報を5Gでリアルタイムに
伝送することで、搭乗操作と同等の操作性を提供できたそうです。

すごいですね。
どんどん技術が進んでします。
5Gももう少しですからね。

|

« コカ・コーラ | トップページ | 文大統領発言 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事