« 消費税率10% | トップページ | 太陽光買い取り見直し »

大阪市とサンフランシスコ市

大阪市とサンフランシスコ市との間で
61年間続いた姉妹都市提携が2日、
解消されたそうです。

苦渋の決断の背景にあったのは、
不確かな主張を真実であるかのように
記した像と碑文の公共物化を放置すれば
「国際社会に誤ったメッセージを発信する」
との吉村洋文市長の危機感と、再三にわたる
申し入れを拒否され、最後には
「返事すらない」と言わざるを得なかった
サ市への不信感だそうです。

自治体国際化協会(東京)によると、国内と海外の
自治体間での姉妹都市提携は約1700件に上るが、
歴史認識の違いから解消したケースは「過去に聞いた
ことがなく極めて異例」(協会担当者)だそうです。

問題となった碑文や像の設置の動きが
表面化したのは平成27年。
この年、当時の橋下徹市長は「日本の
事例のみを取り上げることによる矮小化は
世界の問題解決にならない」との意見をサ市側に
伝え、適切な対応を求めた。同年、橋下前市長の
後に大阪市長に就任した吉村市長もこの方針を
引き継ぎ、中国系団体の主導で進む公共物化の
動きに何度も懸念を伝えてきたそうです。

いいことです。
毅然とした態度をとることです。
そうでないとわかりませんからね。

|

« 消費税率10% | トップページ | 太陽光買い取り見直し »

経済・政治・国際」カテゴリの記事