« ワールド | トップページ | 大阪市とサンフランシスコ市 »

消費税率10%

来年10月1日の消費税率10%への
引き上げが1年後に迫ったそうです。

消費税増税をこれまで2度延期してきた
安倍晋三首相は、9月20日の記者会見で
「予定通り引き上げていく考えだ」と
明言したそうです。

政府は家計への影響を抑えるため、
生活必需品である食料品などの
税率を低く抑える「軽減税率」を
初めて導入するそうです。

小売り・外食店などは新たな対応を
迫られるそうです。

軽減税率の導入で、酒類・外食を除く
飲食料品全般と定期発行される新聞に限り
消費税は来年10月以降も8%に据え置かれるそうです。

ニッセイ基礎研究所の斎藤太郎経済
調査室長は「家計の負担を和らげる
効果がある」そうです。

ただ、軽減税率の対象とそれ以外の両方の
商品を扱う店舗は、複数税率に対応するレジを
導入するなどの準備が必要だそうです。

特に内部で飲食できるイートインスペースが
ある店では、同じ食料品でも「持ち帰りは8%」
「店内飲食だと10%」と税率が異なるそうです。

軽減税率は消費者にとってはよいですが、
お店は大変ですね。
大企業は対応できますが中小は
厳しいですね。

|

« ワールド | トップページ | 大阪市とサンフランシスコ市 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事