« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

2018年9月

ワールド

東京証券取引所第1部に
13年ぶりに再上場したアパレル大手、
ワールドです。

上山健二社長は28日、東京都内で
記者会見したそうです。

初日は市場の評価が厳しく株価が
さえなかったことについて「厳粛に
受け止めると発言したそうです。

強烈に株価を意識した経営で
期待に応えたい」と述べ、成長事業に
注力すると強調したそうです。
終値は1株2680円となり、公開価格の
2900円を下回ったそうです。

上場で得た資金は成長分野の
デジタル事業に約100億円、企業の
合併・買収(M&A)などの投資に
約200億円を充てる方針だそうです。

公開価格より下がるのは
珍しいですね。
市場の評価は厳しいですね。

|

有効求人倍率

厚生労働省が28日、
8月の有効求人倍率(季節調整値)を
発表したそうです。

1.63倍だったそうです。
前月と同じで、1974年1月(1.64倍)以来、
44年半ぶりの高水準。

企業の求人票を受理した都道府県別では、
最高が福井の2.15倍。製造や建設、
小売業などで求人が増え、2012年12月以来
5年8カ月ぶりのトップとなったそうです。

最低は神奈川の1.17倍。

総務省が同日発表した労働力調査
(季節調整値)によると、8月の完全失業率は
前月比0.1ポイント低下の2.4%となり、
3カ月ぶりに改善したそうです。

人出不足が続いています。
今の時期に正社員になった方が
よいですね。

|

ニトリ

家具販売大手のニトリホールディングスです。

今年3月から8月までの連結決算で
最高益を達成したと発表したそうです。

ニトリは、今年3月から8月までの連結決算で
売上高は3016億円に、最終利益は前の年の
同じ時期と比べて8.3%増加の379億円となり
、中間決算として最高益を更新したそうです。

今年の夏は記録的な猛暑だったため、
触ると冷たく感じる寝具の「Nクール」シリーズの
売り上げが伸びたほか、ネットでの販売も
好調だったそうです。

アメリカと中国の貿易摩擦をめぐる対立に
ついて、似鳥会長は、アメリカでの店舗数が
少ないことなどを理由に「ビジネスへの影響はない」
としながらも、来月から発売する商品も含めて
ベトナムやマレーシアなどからアメリカに直接、
商品を輸出することを検討していると述べたそうです。

企業は、すでに動いていますね。
すごいですね。

|

パナソニックのミラーレス

パナソニックです。

25日、「フルサイズ」と呼ばれる
大型イメージセンサーを搭載した
最高級のミラーレス一眼カメラを
開発したと発表したそうす。

「LUMIX S」シリーズとして来春を
めどに発売するそうです。
価格は未定。フルサイズのミラーレスはソニーが
先行してきたが、今秋発売のニコン、キヤノンに
続き、パナソニックも参入を決めたことで、
競争が激化しそうだ。

パナソニックは、26日からドイツで
開催されるカメラ・映像機器見本市
「フォトキナ」に新シリーズを参考出展する。

これに先立ち、現地で来春からの発売を
発表した。
同社は「フルサイズミラーレス市場で、
2021年までに10%以上のシェアを取りたい」
そうです。

新たに開発したのは、「LUMIX S1R」
(約4700万画素)と「LUMIX S1」(約2400万画素)の
2機種。

センサーに高級一眼レフと同様のフルサイズの
ものを搭載したほか、高精細な「4K」動画の
撮影にも対応したそうです。

高級カメラは売れるのですね。
競争が激しくなります。

|

原油価格の増産

石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の
ロシアなどの主要産油国が23日の
会合で増産を見送ったことを受け、
24日の原油先物市場で原油価格が
急上昇したそうです。

欧州市場では代表的な指標の
英国産北海ブレントが前営業日比2%超上昇し、
一時1バレル=80ドルを突破。

米国市場でも午前の取引で、WTIが72ドル台に
急伸したそうです。

主要産油国の会合に先立ち、トランプ米大統領は
「市場を独占するOPECは今すぐ原油価格を
下げろ!」とツイッターで増産圧力を強めていた。

しかし、産油国は23日に発表した声明で
「需給は全体的にバランスが取れており、
現在の市場の見通しに満足している」として、
米国の要求を突き放したそうです。

でもですね。
原油価格が上がると、アメリカがシェールオイルを
増産しますからね。
また下がります。

でも今から冬になるのでしばらく原油が
上がるのが困ります。

|

スマホ通信料金

総務省が世界主要6都市のスマートフォン
通信料金の比較調査を公表したそうです。

日本の通信料金が国際的に
高水準であることが改めて浮き彫りになっているそうです。

官房長官は料金値下げに意欲を
燃やし、総務省も値下げにつながる
携帯電話市場の見直しを進める
考えだそうです。

ただ、国内の携帯電話大手からは
反論も上がっているそううです。

総務省が19日発表した平成29年度の
電気通信サービスの内外価格差調査に
よると、シェア上位3事業者の最安値を
比較した場合、1カ月のデータ利用量が
20ギガバイトのスマホの月額利用料は、
東京が月7022円と世界の主要6都市で
最高だったそうです。

ニューヨークが6975円、ドイツ・デュッセルドルフが
5049円、ソウルが5009円と続いた。
最も安かったのはパリで2460円だったそうです。

日本は高すぎますね。
格安スマホが出ましたが、まだ高いですね。

もっと下げるべきです。

|

健康保険組合

派遣社員やその家族約51万人が
加入し、国内2位の規模となる健保組合
「人材派遣健康保険組合」が21日に
組合会を開き、来年4月1日付で
解散することを決めたそうです。

企業と従業員が折半する保険料率が
9・7%まで上昇、今後見込まれる
さらなる負担増を避ける狙いがあるそうです。

加入者の大半は主に中小企業が
入る「協会けんぽ」に移る見通しだ。

協会けんぽの平均保険料率は10%で、
それを超える保険料率の組合は解散し
移行した方が負担軽減となるそうです。

人材派遣健保は2018年度予算で12億円の
赤字を想定。
積立金を取り崩して穴埋めしている。
加入者の高齢化と65歳以上の医療費を
賄うための支出の重さから、今回解散を
決めたそうです。

高齢者の医療費は健保組合の
拠出金で一部を賄う仕組みになっていて、
高齢化の進展に伴い拠出額は伸び続けているそうです。

高齢者の負担を大きくすべきですね。
若い人の負担が大きすぎます。

|

中国の輸入関税

中国は大半の貿易相手国からの
輸入品に課している関税の平均税率を
来月にも引き下げることを計画しているそうです。

事情に詳しい2人の関係者が
未公開情報だとして匿名を条件に述べたそうです。

米国との通商対立が深まる中、消費者の
負担緩和を図るそうです。

李克強首相は19日、詳細には言及しなかったも
のの関税をさらに引き下げると表明していたそうです。

実際に減税に踏み切った場合でも、それが
米国からの輸入にどう影響するかは今の
ところ明らかでない。

こうした細部は、中国当局が関税引き下げ
対象品の概要を示して初めて分かることに
なるとみられる。

世界貿易機関(WTO)ルールでは、
関税引き下げは通常、全ての国に
等しく適用しなければならないそうです。

中国も少し譲歩してきましたね。
でも、アメリカは納得しないでしょうね。

虎の尻尾を踏んでしまいました。

|

吉野家1号店

築地市場(東京都中央区)内にある
牛丼チェーン「吉野家」の1号店、築地店です。

来月6日、営業を終えるそうです。

牛丼チェーンのモデルとなった店で、
BSE(牛海綿状脳症)発生のため
米国産牛肉の輸入が禁止され、吉野家の
全国の店頭から牛丼が消えた2004~06年も
国産牛を使って提供し続けたそうです。

市場移転に伴い59年の歴史に
幕を下ろすそうです。

吉野家は1899年、東京・日本橋の魚市場に
個人商店として誕生。
1926年に築地へ移転したが、45年の東京大空襲で
店舗を焼失。47年に店舗営業を再開し、59年には
数十メートル離れた現在の場所に店を構えたそうです。

吉野家ホールディングス(HD)は58年の
法人化後に開設した現在の築地店を1号店と
位置付けているそうdす。

同社によると、50年代の牛丼の価格は120円。
値段はうな重とほぼ同じで高価だったが、
忙しく、舌が肥えている市場関係者に評判で、
にぎわったそうです。

築地が移転しますからね。
時代の流れdす。
寂しくなります。

|

追加関税第4弾

アメリカの第3弾の追加関税に
対して中国が報復措置を
発表したことを受け、トランプ大統領は
「中国は迅速で大規模な報復を受ける」と
警告したそうです。

中国政府は18日、アメリカの第3弾の
追加関税が発動される24日に
報復措置として5207品目、約6兆7000億円
相当のアメリカ製品に対して5%か10%の
追加関税を課すと発表したそうです。

トランプ大統領:「(中国が)農業や
工業、畜産に関わる労働者に報復
するなら(残りの)2570億ドルへの
関税を始める」

中国の発表を受け、トランプ大統領は
実質的に中国からの輸入品すべてが
関税対象となる第4弾の制裁を
警告し、米中の貿易戦争は
泥沼化しています。

中国もメンツではなくて、貿易赤字を
削減する対策を考えればよいと思います。

国内向けに報復をおこなうしか
ないかもしれませんが。
危ないですよ。

|

米誌タイム

米メディア大手メレディスは16日、
1923年創刊の週刊ニュース誌「タイム」を
顧客管理ソフト大手セールスフォース・ドットコムの
ベニオフ共同最高経営責任者(CEO)夫妻に
1億9000万ドル(約210億円)で売却すると
発表したそうです。

メレディスは今年1月に「タイム」などを
発行する出版大手タイムを28億ドルで
買収したが、女性向け雑誌に特化するため、
「タイム」のほか、ビジネス誌「フォーチュン」や
スポーツ誌「スポーツ・イラストレーテッド」の
売却先を探していたそうです。

アメリカの雑誌をIT社長に
売るのですか。

タイムも安いですね。
もっと高いと思っていました。

アメリカは何でもおこりますね。

|

防衛省文書

防衛省は一連の日報問題を受け、
人工知能(AI)で行政文書を管理する
システムを導入する方針を決めたそうです。

本格運用は2021年度の見通しで、
関連経費として558億円を来年度予算の
概算要求に計上したそうです。

日報問題では「不存在」とした日報が後で
見つかる事態が相次いだが、今後は省内の
サーバーを統合して文書をAIが管理し、
ファイル名や内容から開示請求などに
該当する文書を瞬時に検索できるように
するそうです。

防衛省によると、AIによる公文書管理は
中央省庁で初めて。
同省は来年度、情報通信課に「AI企画班」(仮称)を
新設するそうです。

防衛省内には現在、行政文書を扱う
業務系のシステムが組織や用途ごとに
60~70ほど存在するそうです。

データを保存するサーバーも分かれ、
文書を探すにはシステムごとに検索をかける
必要があり、開示請求や国会からの
資料要求があった際に文書の探索漏れが
起こる一因になっていたそうです。

一元化するのはよいことです。
セキュリティも厳しくする必要がありますね。

|

朝ドラ扇風機

NHKの朝の連続テレビ小説「半分、青い。」で、
主人公が開発に取り組む「そよ風の扇風機」が
インターネット上で話題となっているそうです。

モデルとなったのは、新興家電メーカー、
バルミューダ(東京)の「グリーンファン」だそうです。

価格は3万8880円。
高価格扇風機のはしりとされ、2010年の
発売以来30万台以上が売れたヒット商品だそうです。
家電量販店によれば、子どもやお年寄りがいる
家庭が買って行くという。

初めて朝ドラで取り上げられたのは10日朝。

ツイッターでは放送直後から「つぶやき」が急増、
トレンド上位に食い込んだそうです。

バルミューダの公式サイトも、1日当たりの
アクセス数が今年最高に跳ね上がった。
東京・銀座の百貨店「松屋銀座」にある
バルミューダ製品の専門店では、朝ドラの
扇風機を一目見たいという客が増えているそうです。

グリーンファンは「自然界の風の方が涼しい」との
寺尾玄社長の思いから生まれたそうです。

2種類の羽根から速度の違う風が
吹き出し、それがぶつかることで
扇風機独特の「渦成分」が消え、窓から
吹き抜けるような気持ちの良い風が
広がるそうです。

朝ドラでは、寺尾氏の助言により、
実際の開発で参考にしたエピソードも
盛り込まれたそうです。

本当にあるのですね。
すごいですね。
どんなものかみたいですね。

|

iPhone7と8

米アップルが発表した主力商品の
スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の
新型機種は大画面化などで高級路線を
強化する一方、旧機種を値下げして
価格帯を広げたそうです。

ブランド力を保ちつつ、中国勢が
強みを持つ低価格帯を取り込み、
シェア(占有率)拡大を狙うそうです。

ティム・クック最高経営責任者(CEO)は
12日の米カリフォルニア州の発表会で
「アイフォーンX(テン)を次のレベルに
引き上げる」と語ったそうです。

昨年投入した最上位機種「X」の方向性を
「XS Max(テン・エス・マックス)」
と「XS(テン・エス)」で一段と強化する
狙いがあるそうです。

旧機種では、「8」が6万7800円から、
「7」が5万800円からでそれぞれ
1万1000円値下げしたそうです。

「より多くの人がアイフォーンに手が
届くようにした」(クックCEO)形だが、
低価格帯は米グーグルが提供する
基本ソフト「アンドロイド」搭載のスマホの
独壇場で、競争は厳しいそうです。

でも安くなるのは良いですね。
購入する人も多いと思います。

|

日ロ首脳会談

ロシアのプーチン大統領は
安倍晋三首相に呼びかけた
「年内の平和条約締結」について、
「条約には両国が(領土)問題の
解決に努力することを盛り込める」
などと説明しているそうです。

北方領土問題を棚上げにした、
中間的性格の条約を念頭に置いている
可能性が高いそうです。

ロシア経済の低迷が続き、
米国の対露制裁圧力も
強まる中で、日本を揺さぶり、
日米間にくさびを打ち込む
思惑がありそうです。

プーチン氏は安倍首相も出席した
東方経済フォーラムの全体会合で、
平和条約を「前提条件なしで年内に
締結する」という趣旨を述べたそうです。

一般に平和条約は国境線の画定を
伴うものであり、「前提条件なしで
平和条約」の真意は必ずしも判然としないそうです。

それは、絶対に無理ですね。
領土問題が解決しないと条約を
結ぶことはできませんね。
日本にメリットがありません。

安倍首相も席を立つくらいしても
良いと思いますが。

|

ルネサスエレクトロニクス

半導体大手ルネサスエレクトロニクスです。

7千億円超を投じて米国の同業メーカーを
買収するそうです。

人員削減で経営難を脱したとはいえ、
技術革新の激しい半導体業界での
生き残りは簡単ではない。
大型買収で技術力を強化し、急成長が
見込める車の自動運転向けで
攻勢をかけるそうです。

ルネサスが11日に発表した買収先は、
米カリフォルニア州のインテグレーテッド・
デバイス・テクノロジー(IDT)。

企業のデータセンターなどで使われる
通信用半導体に強く、年間売上高は
900億円超。

自社工場を持たず、他社に製造をゆだねる
事業モデルで急成長したそうです。

ルネサスは8月末のIDTの株価に
3割ほど上乗せして全株を買い取る
予定で、来年前半の完了をめざすそうです。

どうなるでしょうか。
これからの事業ですね。
でもやるしかないですね。

|

ケンタッキーフライドチキン

ケンタッキーを運営する日本KFCホールディングスです。

9月7日、8月の月次動向を発表したそうです。

直営店の既存店売上高は前年同月比11.4%増、
客数も同9.0%増と高い伸びを示したそうです。

既存店売上高が2ケタ以上の伸びを
記録するのは29カ月ぶりだそうです。
7月の既存店売上高と客数もプラスで
着地したことから、2カ月連続で
前年同月を上回る結果になったそうです。

急回復の火付け役となったのが、
ワンコインランチだそうです。

オリジナルチキン1ピースに、ビスケット、
カーネリングポテト(Sサイズ)、ドリンク(同)。

それぞれ単品で注文すると920円のところを、
7月23日~9月5日のランチタイム(10~16時)限定で、
500円で提供したそうです。

ケンタッキーはおいしいですが、
高いですからね。
安くなればお客は呼べると思います。

でも、利益が出るかですね。

|

北海道の乳業

地震による停電で多くがとまった
北海道の乳業工場は、39カ所のうち
34カ所が動き始めたそうです。

残る5カ所も再開の準備を進めているそうです。

処理量が1日2トン以上ある工場の
稼働状況を、農林水産省が9日発表したそうです。

牛乳は、牛から搾った生乳(せいにゅう)を
乳牛工場で殺菌処理してつくる。
地震による停電の後、多くの酪農家は
搾った生乳の持って行きどころがなくなり、
捨てざるを得なかったそうです。

工場に電気が通るようになり、
生産の体制は回復しつつあるそうです。

首都圏のスーパーなどの小売店では、
牛乳が品薄になっている店もあるそうです。

斎藤藤健農水相は9日の省内会議で
「北海道から都府県向けの生乳などの
出荷量も徐々に増えている。
今後、生乳の需給も安定化する見込みだ」と
話したそうです。

牛乳が高くなっていますね。
これからは下がるでしょうね。
いいことです。

|

日米貿易問題

トランプ米大統領は7日、日本が
米国との新たな通商合意に至らなければ
「大きな問題」になるだろうと述べたそうです。

「協定を結ばないのであれば、大きな問題に
なることを日本は分かっている」と
大統領専用機の機中で記者団に話したそうです。

トランプ政権が環太平洋連携協定(TPP)
からの離脱を決定し、鉄鋼・アルミへの関税を
発動して以来、日米は貿易問題で合意に
至っていない。

安倍晋三首相はトランプ大統領と
個人的に親しい関係を築こうとしているが、
金属関税の適用除外を得るには
至っていない。

どうなるのでしょうかね。

アメリカの真意がどこまで
あるかですね。

|

北海道電力

6日未明の地震で起きた北海道内の
全295万戸の停電について、北海道電力は、
7日午前6時現在で約130万9千戸で
停電が解消したと発表したそうです。

約4割超の世帯で復旧したそうdす。

北電は、地震の影響で止まっていた
火力発電所の運転を順次再開している。

本州側からも融通を受け、電力の供給力は
7日中に312万キロワットを確保できる
見通しだそうです。

地震発生前日の道内のピーク時の
電力需要(約380万キロワット)の
8割超に相当するそうです。

ただ、同社最大の火力発電所の苫東厚真発電所は
設備に不具合が見つかっており、
北電は完全復旧には1週間以上かかる見通しを
示しているそうです。

4割に電気がきたのですね。
良かったですね。
残りも早急に復旧してほしいですね。

|

関空閉鎖

台風21号の被害を受けて、物流の
一大拠点である関西国際空港が閉鎖され、
企業の輸出入に大きな影響が出ているそうです。

部品メーカーは製品を他空港に運んで、
海外に出荷するなど対応に追われているそうです。
今回の災害は、関空の閉鎖が、企業の
生産活動の停滞を招くという現実を
浮き彫りにしました。

半導体大手、ロームは国内工場で生産した
半導体チップなどを関空からマレーシア、
タイ、フィリピンの工場に輸出し、完成品に
仕上げているそうです。

今回は急遽(きゅうきょ)、成田、羽田、
中部国際の3空港での振り替え輸送を始めたそうです。
広報担当者は「費用はかさむが、何より
顧客への納期対応が大事だ」と話す。

パナソニックでは、関西国際空港経由で出荷している
電子部品について、他空港での振り替えができるか、
航空代理店との調整を始めているそうdす。
多くの部品は、関空対岸の「りんくうタウン」の倉庫に
保管しており、倉庫には被害はなかったそうす。

物流拠点の交通が停止すると影響が
大きいですね。
台風で、こんなに被害が大きいのは
驚きます。

|

投資信託

3メガバンクで投資信託を買った
個人客の4割が、今年3月末時点で
損失を抱えているそうです。

運用成績の透明化を求める金融庁の
意向に沿って各行が開示したそうです。

開示の動きは証券業界でも出ており、
今後、投信の販売会社を選ぶ参考に
なりそうです。

各行が、自行の窓口で投信を買い、
今年3月末時点で保有している顧客の
運用成績を開示した。
運用損益がマイナスとなり損失を抱えたのは、
三菱UFJ銀行では全体の42%、
みずほ銀行では46%、三井住友銀行は
「約4割」だそうです。

3メガバンクの開示に先立って、金融庁が
国内の大手と地方銀行計29行の3月末時点の
運用成績を調べたところ、全体の46%の
顧客が運用損失を抱えていたそうです。

メガバンクが今回開示した成績は
平均並みといえるが、金融庁の調査では、
運用損失を出した顧客の割合が2割台の
銀行もあったそうです。

開示したのはよかったですね。
顧客にも選ぶ権利があります。
いいことです。

|

日本電産

日本電産です。

3日、減速機の製造・販売・サービス事業を
手がける子会社の日本電産シンポ(京都府長岡京市)が、
ドイツの小型精密減速機メーカーであるMSグレスナー社と
グループ関連会社を買収したそうです。

ロボット産業関連市場からの需要を
積極的に取り込み、成長を目指すとしている。

日本電産シンポの扱う主力減速機「精密遊星減速機」の
ラインナップを揃えるほか、商圏もアジア・北米に
グレスナー社の欧州が加わることになるそうです。
8月31日に同社株式100%を取得したそうです。

日本電産はどんどん買収をしています。
すごいですね。

日本電産は、買収が成功している日本企業です。
大きくなっています。

|

太陽光発電

太陽光発電が盛んな九州で、
九州電力が事業者に一時的な発電停止を
求める「出力制御」に踏み切る可能性が
高まっているそうです。

早ければ、冷房などの電気の消費が
減る9月にも実施されそうだ。
原発の再稼働も一因とみられる。

実施されれば一部の離島を除いて
国内で初めてになるそうです。

日照条件に恵まれた九州では、
太陽光発電が普及しているそうです。

連休中の今年4月29日には、
午後1時の時点で九電管内の
電力消費のうち、8割以上を
太陽光発電でつくった電気が
まかなったそうです。
現在も、九電が受け入れる太陽光による
発電は月平均で5万キロワット程度の
ペースで増え続けているそうです。

電気の需要を超えて供給が増えると、
電気の周波数が変動して大規模な
停電につながりかねないそうです。

九電は火力発電を抑えたり、昼間に太陽光発電の
電気を使って水をくみ上げ、夜間に水を流して
発電する揚水発電を行ったりして、
需給のバランスを調整してきたそうです。

これらの調整も難しくなったとき、実施するのが
国のルールで決まった出力制御だそうです。

太陽光発電の事業者に指示し、発電を
ストップしてもらう。
すでに壱岐(長崎県)や種子島(鹿児島県)
などの離島では実績があるが、
離島を除く国内ではないそうです。

太陽光発電の短所は日光があるときだけ
電気ができます。
でも、それ以外は電気を生みませんからね。
そこが問題です。

|

牛も夏バテ

記録的な猛暑で牛が「夏バテ」
しているそうです。

搾乳量が減り、本州より南で牛乳が不足する
懸念が出ているそうです。

9月には全国的に学校給食が再開して
需要が増えるそうです。
乳牛の数が減り続けている影響も大きいそうです。

余力のある北海道と本州を結ぶ
生乳運搬船「ほくれん丸」が、綱渡りの
供給を支えているそうです。

北海道の生乳生産量は全国の半数超を
占めるそうです。

ホクレン農業協同組合連合会(札幌市)では、
ほくれん丸以外に一般の高速フェリーも使い、
関西向けに生乳を運んでいるそうです。

7月の北海道外への合計の輸送量は
前年より13%増えたそうです。

全国で学校給食が再開する9月は、
さらに拡大する見通しだそうです。

夏バテですか。
わかりますね。
異常な暑さです。
牛も厚いですね。

|

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »