« 米中貿易戦争 | トップページ | 需給のミスマッチ »

毎日安売り

2018年7月に世間を騒がせた
ウォルマートによる西友売却報道は、
当の西友が否定しているそうです。

しかし、日本市場において、特売ではなく
毎日一貫して安売りをするEDLP(Everyday Low Price)の
確立に、ウォルマートは苦慮しており、いつ西友を
売却してもおかしくないと考える流通関係者も多いそうです。

2010年、西友の店舗数は373店ほどだったが、
現在は335店となっている(18年5月時点)そうです。

不採算店閉鎖で財務は改善されただろうが、
停滞、むしろ衰退している印象があるそうです。

一方で、首都圏地場のスーパーマーケット「オーケー」、
九州地盤のドラッグストア「コスモス薬品」のように
EDLP戦略に成功し、それぞれスーパーとドラッグストアの
カテゴリーで7年連続顧客満足度1位(日本生産性本部
サービス産業生産性協議会調査)を獲得し、圧倒的な
支持を得ているチェーンがあるそうです。

コスモス薬品は超高齢化を背景に成長している
ドラッグストア業界でも伸び率は出色で、10年に
356店舗ほどだったのが、18年7月には921店舗へと、
2.5倍以上に増えているそうです。

年商は18年5月期で5579億9900万円で、
前年比で11%伸びているそうです。

安いですからね。
薬もありますから便利です。

|

« 米中貿易戦争 | トップページ | 需給のミスマッチ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事