« コンビニ配送にヘリ | トップページ | ウォルマート »

小学館

漫画の立ち読みご自由に。

大手出版社の小学館が、書店で
漫画を立ち読みできないようにする
フィルム包装(シュリンクパック)の
取りやめを呼びかけ始めたそうです。

名付けて「コミックス脱シュリンクパック
プロジェクト」。
この春、一部の書店で包装をやめたところ、
少女・女性向け漫画で売り上げが
20%増えたため、今後拡大するそうです。

小学館によると、シュリンクパックは、
立ち読みや破損を防止するために30年ほど
前から多くの書店が採用したそうです。

ただ、近年は出版不況や漫画離れの
影響で漫画売り場に立ち寄る人が
減っているそうです。

電子書籍の場合、試し読みを設けると
漫画の売り上げが増えた実績があるため
、「まずは読んでもらうため、接点を
増やしたい」と、包装を解くことを試みたそうです。

その結果、少女・女性向け漫画では、包装を
かける一般書店に比べ、売り上げが
20%増えたそうです。

確かに書店に行くようになりますね。
売り上げも上がるのですね。

|

« コンビニ配送にヘリ | トップページ | ウォルマート »

経済・政治・国際」カテゴリの記事