« 架空請求 | トップページ | ワールドカップ、ベルギー戦 »

RCEP

日中韓と東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国など
計16カ国が参加する東アジア地域包括的経済
連携(RCEP)の閣僚会合が1日、東京都内で
開かれたそうです。

年内の大筋合意を目標とする方針で一致したそうです。

鉄鋼の輸入制限など保護主義的な姿勢を
強めるトランプ米政権を念頭に「国際貿易環境が
深刻な危機にさらされている」との強い懸念を
示す共同声明を発表。世界の貿易額の
約3割を占める巨大な自由貿易圏の
構築に向け、11月にも開く首脳会議での
合意を目指すそうです。

ASEAN以外の国で閣僚会合を開催
するのは今回が初めてだそうです。
共同声明は「本年末の成果パッケージを
達成するために注力する」ことを各国の交渉官に
要請したそうです。

共同議長を務めた世耕弘成経済産業相は
会合後の記者会見で「本年末の大筋合意を
目指している。パッケージで合意することが
重要だ」と交渉妥結への意欲を示したそうです。
共同議長のシンガポールのチャン貿易産業相も
「道筋を見極めることができた」と評価したそうです。

話し合いをすることはよいことです。
でも日中韓でも問題があってまとまりません。

全体でまとまるでしょうか。
厳しいかもしれませんね。

|

« 架空請求 | トップページ | ワールドカップ、ベルギー戦 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事