« 豪雨災害の影響 | トップページ | コンビニ配送にヘリ »

iPhoneの料金プラン

スマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の
納入をめぐり、米アップルとアップルジャパン
(東京)が、国内の携帯大手3社と
結んでいる契約について公正取引委員会から
独占禁止法違反(不公正な取引方法)に
あたる可能性を指摘されたそうです。

公取委に内容を見直す方針を伝えたそうです。
各社が独自の料金プランでiPhoneを
販売するのを難しくさせ、自由な事業展開を
制限する契約内容になっていたそうです。

関係者によると、アップル側が見直すのは、
NTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクの3社に
対し、iPhoneの仕入れ価格から一定額を値引いて
利用者に販売するよう求めていた契約条項。

3社が端末料金を値引きしない代わりに、
長期間利用すれば割安になるなどの
プランをつくっても、iPhoneだと
こうしたプランでの販売が難しいそうです。

この契約条項について公取委は、大手3社が
提供するプランの自由度が狭められ、
その結果、利用者の選択肢が奪われる
おそれがあると判断したとみられるそうです。

消費者にとって不利秋にならなければ
よいですが。
そこだけですね。
それにしてもiPhoneは高いですね。

|

« 豪雨災害の影響 | トップページ | コンビニ配送にヘリ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事