« アメリカの輸入制限 | トップページ | 新潟県知事選 »

FOMC

米連邦準備制度理事会(FRB)は
12、13日に金融政策を決める
連邦公開市場委員会(FOMC)を開くそうです。

米経済が好調に推移する中、今年2回目となる
利上げを決める公算が大きいそうです。

今年中の利上げ回数の見通しが、
従来の「3回」から「4回」に増えるかが
焦点になるそうです。

米経済は5月の雇用統計で、失業率が3.8%に
低下し、約18年ぶりの水準に改善。
物価上昇(インフレ)率も3、4月と連続で
2.0%となり、FRBの目標に達したそうです。

世界経済は米金利上昇に伴う一部新興国
からの資金流出など下振れリスクは
あるものの、おおむね堅調に推移しており、
利上げ決定は確実な情勢だそうです。

焦点となる利上げペースは、3月会合の時点で
年内に合計3回を見込む委員と4回の委員の
数がほぼ並んでおり、今回は4回が多数派に
なるかが注目される。金融市場でも4回との
見方が次第に増えているそうです。

アメリカ経済がいいですね。
利上げの可能性が大きいですね。

|

« アメリカの輸入制限 | トップページ | 新潟県知事選 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事