« 採用難 | トップページ | 加熱式たばこ »

スマホの中毒

米アップルです。

4日、「iPhone(アイフォーン)」の
中毒性に対する批判に対応し、少なくとも
一時的にユーザーが端末利用をやめるのを
手助けする機能を発表したそうです。

グーグルなどライバル企業による
スマートフォン中毒対策に追随したそうです。

発表した対策ツールには、通知が一切表示されない
「Do Not Disturb」機能のアップデートや通知を
管理する新しい方法などが含まれるそうです。

夜間に見逃した通知を要約した新しい
「グッド・モーニング」画面の表示や、
アラートをグループにまとめてユーザーに
送られる回数を減らすなどの機能も
加わるそうです。

最も顕著な機能強化は「スクリーン・タイム」と
呼ばれるツールで、個々のアプリの利用時間や、
通知を最も多く送るアプリなどを表示。

特定のアプリに時間制限を設定したり、
制限時間に近づくと利用者に使用を
やめるよう知らせたりする機能も備える。
制限時間になれば、アプリは停止するそうです。

スマホ中毒は社会問題になっています。
必要な機能かもしれませんね。
便利ですからね。

|

« 採用難 | トップページ | 加熱式たばこ »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事