« ソーダ税 | トップページ | 武田薬品 »

ソニーの業績

ソニーが再成長の第2ステージに踏み出すそうです。

2018年3月期連結決算(米国会計基準)は、
営業利益が前期比2・5倍の7348億円、
当期利益が同6・7倍の4907億円。

それぞれ97年度と07年度以来の
過去最高を更新したそうです。

3カ年中期経営計画は、目標数値を
大きく超えて“有終の美”を迎えたそうです。

ただ19年3月期は一転、減収減益予想だそうです。
そこには吉田憲一郎社長兼最高経営責任者
(CEO)の、真の成長に向けた決意がにじんでいるそうです。

18年3月期連結決算は、ほぼ全ての事業で
増収増益を達成した。
しかし19年3月期予想は売上高が同2・9%減の
8兆3000億円、営業利益が同8・8%減の
6700億円だそうです。

最大の課題はスマートフォンなどのモバイル事業だそうです。
構造改革を進めても黒字が定着しない。
18年1―3月期には低迷を受け、固定費で
313億円の減損損失を計上したそうです。
通期で営業赤字に転じたそうです。

でも、5Gが来ますからね。
スマホは持って置いた方がよいでしょうね。
どうなるかわかりません。

|

« ソーダ税 | トップページ | 武田薬品 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事