« 裁判員制度 | トップページ | サバ缶 »

クロマグロ

乱獲などで急減した太平洋の
クロマグロです。

資源量が回復傾向にあるとの調査結果を、
国際機関「北太平洋まぐろ類国際科学委員会
(ISC)」がまとめたそうです。

国ごとに設けた漁獲枠の拡大を検討
できる水準に達しており、水産庁は
規制を協議する国際会議に来年以降の
拡大を提案する方針だそうです。

調査結果は、米国で開かれていた
全米熱帯まぐろ類委員会(IATTC)の
会合に報告され、水産庁が21日に
発表したそうです。

日本沿岸を含む太平洋で枠が
広がればマグロの国内市場には
恩恵がありそうです。

ISCは、2016年の親魚の資源量を
前年より8%多い2万1千トンと推定。

今の漁獲規制を続ければ、24年までに約4万3千トンに
回復させるとしている目標を98%の
確率で達成できると予測したそうです。
これまでは61・5%の確率としていたそうです。

でも、しばらくは漁獲業を制限したほうが
良いと思いますよ。
十分に回復してから始めたj方が良いと思いますが。

|

« 裁判員制度 | トップページ | サバ缶 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事