« 串カツ田中 | トップページ | 訪日客 »

タクシー車両

日産自動車がタクシー車両の
強化に乗り出すそうです。

高齢化のほか訪日外国人の
増加で2020年の東京五輪・パラリンピックに
向けタクシー市場全体が拡大するそうです。

日産のタクシー販売は減少傾向だったが、
今後は専用の「NV200タクシー」のほか、
電気自動車(EV)「リーフ」やコンパクトカー
「ノート」を拡販したいそうです。

日産の17年度のタクシー販売台数は
824台だったそうです。
18年度の販売目標台数は策定中だが、
「タクシー会社にリーフやノートを試して
もらっており、手応えは良い」そうです。

日産は保有するタクシー全16車両を
リーフに更新したおしろタクシー(熊本県菊陽町)に
感謝状を贈呈する式典を12日に日産本社で
開いたそうです。

おしろタクシーの込山浩憲社長は
リーフへの切り替えで「燃料費やメンテナンス費を
低減できる」ことなどを評価したそうです。

ある程度の販売が見込めますからね。
日産も頑張っています。

|

« 串カツ田中 | トップページ | 訪日客 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事