« HEROZ | トップページ | シャープ »

北京モーターショー

世界最大級の自動車見本市、
北京モーターショーです。

25日開幕、国内外の約1200社が
中国で需要が高まる電気自動車(EV)の
最新モデルなどを披露したそうです。

世界一の新車市場として勢いづく
中国だが、米国との貿易摩擦の
影響が懸念されるなど、
先行き不安も漂っているそうです。

「世界でもっとも電動化が進む中国で
(新モデル)開発を急ぐ」。
トヨタ自動車の小林一弘・中国本部長は
モーターショー会場でこう宣言。
2020年までにEVやプラグインハイブリッド車
(PHV)など電動車10モデルを
中国市場に投入すると発表したそうです。

日産自動車も年内に日産ブランドの
EVを中国で量産、販売を開始すると表明。
中国での人気車種「シルフィ」のEVを
披露したそうです。
来年までに電動車を計6モデル投入、
シェア拡大を狙う。ホンダも中国向け
EVを初公開し、年内に量産を始める
予定だそうです。

でも日産の電気自動車は、走行距離は
300キロのようです。
少し短いような気がしますが。

中国みたいな広いところで、
大丈夫なのでしょうかね。

|

« HEROZ | トップページ | シャープ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事