« ハリル監督 | トップページ | ローソン »

日中ハイレベル経済対話

日中両政府は、閣僚級で経済協力などを
協議する「日中ハイレベル経済対話」を
今月16日にも開催する方針を固めたそうです。

中国の王毅国務委員兼外相が
日中外相会談のため、15日から
来日するのに合わせて開くそうです。

開催されれば2010年以来8年ぶりだそうです。
今年は日中平和友好条約締結40周年にあたり、
両政府は経済対話再開で関係改善に
弾みをつけたい考えだそうです。

日本側から河野太郎外相と麻生太郎財務相、
中国側から王氏と劉昆財政相らが出席する
見通しだそうです。

中国が提唱する現代版シルクロード経済圏構想
「一帯一路」や、日本が進める「自由で開かれた
インド太平洋戦略」について互いに説明し、
協力のあり方を探る。環境問題もテーマになるそうです。

経済対話は07年4月、安倍晋三首相と
温家宝首相(当時)の首脳会談で
開催が決まり、これまで3回開かれたそうです。
しかし、野田佳彦政権が12年に沖縄・
尖閣諸島を国有化したことなどで
日中間の対立が激化。
10年8月に北京で開いて以降開かれていないそうです。

中国は、アメリカと貿易摩擦があります。
日本だけでも仲良くしたいのでしょうか。
貿易摩擦で日本のサポートが欲しいのでしょうか。

|

« ハリル監督 | トップページ | ローソン »

経済・政治・国際」カテゴリの記事