« リコー | トップページ | ソニーの業績 »

ソーダ税

アメリカです。

甘味飲料に課される「ソーダ税」の導入後、
炭酸飲料の消費が4割減少したそうです。

米ドレクセル大学(ペンシルベニア州)の
研究チームが4月にまとめた調査だそうです。

米国では肥満の元凶として甘味飲料が
やり玉に挙げられており、課税による
消費の抑制効果がデータで確認されたそうです。

ペンシルベニア州フィラデルフィア市は
17年1月、甘味飲料に1オンス(約30ミリリットル)
当たり1.5セント(約1.6円)の税金を
徴収し始めたそうです。
2リットル飲料の場合、約1ドルの値上げに
相当するそうです。

研究チームは、同市と近郊地域の住民を
対象に飲料の消費動向を調査。

税の導入から約2カ月で炭酸飲料の消費は40%、
エナジードリンクは64%減少したそうです。

逆にボトル入り飲料水は58%増え、「課税を機に、
糖分を加えた飲料の代わりに水を飲む
傾向が顕著に確認された」そうです。

アメリカの肥満は社会問題ですかね。

税金は効果があるのですね。

|

« リコー | トップページ | ソニーの業績 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事