« G20 | トップページ | 企業調査 »

離職率

厚生労働省の調査によると、
新規学卒就職者の3年以内の
離職率は、大学卒32・2%、
高校卒40・8%、中学卒67・7%に
なっているそうです。
(2014年3月卒業者の状況)

企業規模が小さいほど離職率が
高くなる傾向があり、従業員30人未満の
企業では大卒でも半分が3年以内に
離職しているという状況だそうです。

なぜ若い世代は離職してしまうのだろうか。
これをひもとくには、16年に行われた
「若年者の能力開発と職場への定着に
関する調査」(労働政策研究・研修機構)が
ヒントになるそうです。

同調査において、新卒3年以内の離職者に対し、
初めて正社員として勤務した会社等を離職した
理由について尋ねているそうです。

「肉体的・精神的に健康を損ねたため」
(男性29・9%、女性34・3%)や
「労働時間・休日・休暇の条件がよくなかったため」
(男性34・0%、女性33・2%)といった理由が
目立つそうです。

労働条件が聞いていたのを
違うのですね。
企業も、正しい条件を説明しないと
いけませんね。

企業側にも責任がありますね。

|

« G20 | トップページ | 企業調査 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事