« IT人材 | トップページ | 東京から福岡 »

楽天が携帯会社

総務相の諮問機関「電波監理審議会」は6日、
楽天の携帯電話事業への新規参入を
妥当とする答申を出したそうです。

これを受け、総務省は9日に楽天を
「第4の携帯電話会社」として認定する
方針だそうです。

ただ、参入計画に課題があるとの指摘が
出ており、自前の通信網整備を原則と
するなどの条件も付けたそうです。

新規参入が実現すれば、2005年の
イー・モバイル(現ソフトバンク)以来、
13年ぶりだそうです。
楽天は19年10月のサービス開始を
目指すそうです。

楽天は今後の目標として、格安スマートフォン事業での
設定と同水準の料金(月2000円~5000円程度)や、
28年度に1000万契約の獲得などを掲げたそうです。

携帯市場のシェア(占有率)は大手3社が
約9割を占めており、楽天の参入で料金の
値下げ競争が進むかに注目が集まっているそうです。

価格が安ければ、加入は増えると思いますよ。
通信料金が高すぎますからね。
安くなればよいですが。

|

« IT人材 | トップページ | 東京から福岡 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事