« 電気自動車 | トップページ | IT人材 »

米中対立

時事通信の記事だそうです。

経済規模で世界一の米国と第2位の
中国が「貿易戦争」に突入すれば、
両国と経済的なつながりが深く、
進出企業も多い日本は影響を免れないそうです。

政府は、なりふり構わぬ米国の制裁措置発動に
再考を促しているが、代わりに2国間の
自由貿易協定(FTA)交渉などを要求される
事態に発展することを警戒しているそうです。

日本の頭越しに対立を深める米中に対し、
打つ手がないのが実情だそうです。

米国が3月下旬に発動した鉄鋼・アルミニウムの
輸入制限では、日本製品も最大25%の高関税が
課される対象となった。
米国による一方的な措置に対して
「本来は撤廃を要求すべきだ」
(外務省幹部)との声が政府内にあるそうです。

そんなに心配しなくてもよいですよ。

日本にどんな影響がありますか。
中国からアメリカへの輸出ですか。
その反対ですか。

朝の経済番組でも放送していましたが
日本への影響は少ないのです。

反対に、日本の知的財産権を中国は
かなり侵害しています。
そっちの問題の方が大きいと
思いますが。

日本は、注視する必要はありますが。

マスコミももっと、具体的な数字で
説明する必要があります。

|

« 電気自動車 | トップページ | IT人材 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事