« 日中ハイレベル経済対話 | トップページ | 串カツ田中 »

ローソン

スーパーやコンビニエンスストアなどを
展開する流通・小売り大手4社の
2018年2月期連結決算が11日、
出そろったそうです。

4社ともコンビニの人手不足への
対応費用がのしかかり、ローソンは
15年ぶりに減益になったそうです。

イオンとセブン&アイ・ホールディングス(HD)、
ユニー・ファミリーマートHDは好調な
海外事業などで増益を確保したそうです。

ローソンは、売上高にあたる営業収益が
前期比4.1%増の6573億円となったものの、
人手不足への対策投資が響き、営業利益が
10.8%減の658億円に落ち込んそうですだそうです。

ローソンは商品発注を半自動化できる
端末や自動釣り銭機を17年度に順次導入。

竹増社長は「18年度は(中期経営計画の)
最終年度。
しっかりと成長へ投資し19年度に
V字回復する」と強調したそうです。

人手不足が深刻ですね。
業績にも影響が出ています。
対策が必要ですね。

|

« 日中ハイレベル経済対話 | トップページ | 串カツ田中 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事