« 北京モーターショー | トップページ | リコー »

シャープ

台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業傘下入りした
シャープの業績回復が進んでいるそうです。

26日に発表した2018年3月期決算は、
純損益が702億円の黒字
(前年は248億円の赤字)になったそうです。

黒字は4年ぶり。
鴻海の販売網の活用やコスト削減が
進んだそうです。

売上高は前年比18・4%増の2兆4272億円。
本業のもうけ(営業利益)は前年比44・3%増の
901億円に達したそうです。

業績の回復を受けて、1株当たり
10円の株主配当を実施するそうです。
配当は12年3月期以来6年ぶりとなる。

スマートフォンやタブレットに使う主力の
液晶パネルの販売が好調だったそうです。

中国では、鴻海のインターネット販売網を
利用するなどした効果もあり、
海外のテレビの販売台数は、
前年比2倍に伸びたそうです。

やっと黒字になったですね。
鴻海の傘下だと黒字になるのですね。

やっぱり経営者の責任ですね。

|

« 北京モーターショー | トップページ | リコー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事