« 楽天が携帯会社 | トップページ | ハリル監督 »

東京から福岡

2016年度のJR西日本、国土交通省の
資料によると東京~福岡間の移動において、
JRのシェアは7.5%しかないそうです。

同区間の所要時間は飛行機の場合、
空港アクセス時間を含めて約3時間ですが
(羽田空港から福岡空港までのフライト時間は
2時間弱)、東海道・山陽新幹線の
「のぞみ」は1069.1kmを走行し、
約5時間かかります。

移動のシェアについて同じ資料によると、
東京~岡山間はJR 62.3%、
東京~広島間はJR 62.7%、
東京~山口間はJR 28.9%だそうです。

新幹線が飛行機に対し競争力を
発揮するのは所要4時間までで、俗に「4時間の壁」
などといわれているそうです。

東海道・山陽新幹線でも所要時間が
4時間を越えるあたりから、飛行機の
シェアが大きくなっているそうです
(新幹線の所要時間は東京~広島間が4時間弱、
東京~新山口間が4時間30分弱程度)。

確かに4時間かもしれませんね。

福岡空港は便利ですからね。
飛行機の利用が増えますね。

|

« 楽天が携帯会社 | トップページ | ハリル監督 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事