« 米中対立 | トップページ | 楽天が携帯会社 »

IT人材

日立製作所など電機大手の平成31年春
(31年度)入社の新卒採用計画が5日、
出そろったそうです。

ソニーは30年度比33%増、東芝は2倍以上の
予定だそうです。

好業績を追い風に、成長戦略の柱となるモノの
インターネット(IoT)や人工知能(AI)などの
開発を担うIT人材の囲い込みを図るそうです。

だが、争奪戦は業種を超えて激しさを増
しており、人材確保のハードルは
高まっているそうです。

採用人数が最も多い三菱電機は50人増の
1190人(30年10月入社も含む)で、6割が理系。

ソニーは100人増の400人で8割が理系だそうです。
日立は新卒採用は横ばいだが、
理系を中心に即戦力の経験者採用を増やすそうです。
30年度中に3千人の人員削減を計画する
NECは新卒採用を減らすが、「IT人材の採用は
落とさない」考えだそうです。

各社が理系の採用に意欲的なのは、IoTやAIを
使った付加価値の高い製品やサービスが
今後の成長を大きく左右するため、担い手のIT人材が
必要だからだそうです。

でもですね。
過去、大手企業はIT人材を使い捨てにして
きましたからね。
急に募集を増やしても集まるのでしょうかね。

他の業種でも人出不足です。

|

« 米中対立 | トップページ | 楽天が携帯会社 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事