« 日本のおじさん | トップページ | 定年後 »

グラウラー

2018年1月、政府は電子戦機EA-18G
「グラウラー」の導入を見込み、本年中に
改定される予定の中期防衛力整備計画に
盛り込むことを検討中だそうです。

電子戦機とは敵のレーダーや通信等を
電波妨害し、これを無力化するための
航空機だそうです。

現在航空自衛隊はEC-1、YS-11EAという
輸送機を原型とした電子戦機を「電子戦訓練機」
という名目で保有しており、さらに新型の
C-2輸送機を原型としたものが開発されて
いると推測されるそうです。

一方で今回のEA-18Gは、F/A-18F「スーパーホーネット」
戦闘機を原型に電子戦機としての能力を付加した
派生型だそうです。

EA-18Gは戦闘機としての高い性能を
活かし友軍の戦闘機や攻撃機に帯同し敵地へ
侵攻し、電波妨害を行うことで友軍を護る能力に
優れます。
またAGM-88AARGM(先進対レーダー誘導ミサイル)
によって、敵のレーダーサイトや地対空ミサイル
陣地を破壊することも可能だそうです。

いろいろな機械がありますね。
北朝鮮や中国の脅威が迫って
います。
いろんな対策が必要です。

|

« 日本のおじさん | トップページ | 定年後 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事