« メルカリアッテが終了 | トップページ | イカナゴが不漁 »

小型マグロ枠

水産庁は太平洋クロマグロの小型魚(30キロ未満)に
ついて、次の漁期(今年7月~来年6月)に
漁獲量の上限(漁獲枠)を北海道と
鹿児島県は実質ゼロとし、岩手、高知両県は
大幅に縮小する方針を固めたそうです。

いずれも今漁期に取りすぎたそうです。
日本は国際的に約束した漁獲量を
守れずに批判されており、資源管理の
甘い都道府県に厳しく対処するそうです。

太平洋クロマグロは、日本など26か国・
地域が参加する「中西部太平洋まぐろ
類委員会」(WCPFC)が各国の
漁獲枠を決めるそうです。

将来卵を産む小型魚は資源量への
影響が大きく、日本の小型魚の漁獲枠は
今漁期、クロマグロの国内消費量の
1割弱となる3424トンだそうです。

しかし、漁獲量は既に98%を超え、
2年連続で超過する可能性が高いそうです。

どこかの県がとりすぎたそうです。
こういうのって駄目ですね。
結局、自分で自分の首をしめて
います。

マグロは、これから養殖しかないですね。

|

« メルカリアッテが終了 | トップページ | イカナゴが不漁 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事