« 過疎地域 | トップページ | ツタヤ »

米国車

日本の自動車市場が、米国の
大統領経済報告で「閉鎖的」と
批判され、“開放”への圧力が強まる
懸念が高まったそうです。

ただ、日本側は非関税障壁はないという
立場で、米国車が売れないのは、ドイツ車などと
比べてブランド力が低いことなどが
要因との見方が強いそうです。

昨年のブランド別国内新車販売台数を
みると、米ゼネラル・モーターズ(GM)の
シボレーは809台、キャデラックは580台、
FCA USのクライスラーは213台などだそうです。

道路や駐車場が狭く大型車が敬遠されがちなことや、
燃費性能が低いイメージで苦戦しているそうです。

ドイツ車は、高級感がありますが、アメリカ車は
いまいちですね。

燃費もよくありません。

もっと、よい車を作らなければ、日本市場では
売れませんね。

|

« 過疎地域 | トップページ | ツタヤ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事