« 円高 | トップページ | 工作機器需要 »

北海道のコンブ生産

北海道内でコンブの生産量が
低迷しているそうです。

道によると、2017年の生産量は20年前の
ほぼ半分の1万5千トン(速報値)だったそうです。

漁業者の高齢化に加え、人手不足で
水揚げしたコンブを洗ったり乾燥させたりする
作業に携わるアルバイトを確保しづらくなって
いるそづえす。

資源は潤沢にあるものの、十分に採りきれない
ケースも出ているそうです。

日高昆布の産地として知られる
日高管内えりも町。
毎年7~10月、漁業者が小型船に乗って
専用のさおで最長7メートルほどのコンブを
採った後、浜に近い干場でアルバイトが
砂利の上に1枚ずつ並べて乾かすそうです。

コンブを干さずに置いておくと、
くっついて固まってしまうため、
採ったその日に作業を終えるのが
基本だそうです。

いろいろなところで人出不足になっていますね。
高齢化の問題もあります。

厳しいですね。

|

« 円高 | トップページ | 工作機器需要 »

旅行・地域」カテゴリの記事