« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018年2月

シェア自転車

国内で参入が相次いでいる
自転車シェアリング(共同利用)です。

サービス競争が激しくなりそうです。

中国自転車シェア大手と組んでサービス
展開を予定しているLINE(ライン)は、
自転車が多い専用駐輪場(ポート)から
少ないポートへの乗車などに一時的な
割引料金を導入するそうです。

同日からサービスを始めたフリーマーケット
アプリ大手メルカリ系列の「メルチャリ」も
特典ポイントの付与などを導入しており、
各社とも利便性向上で顧客の囲い込みを
狙うそうです。

LINEは中国大手「Mobike(モバイク)」の
日本法人、モバイク・ジャパンとの協業で
今年上半期にサービスを開始するそうです。

自転車シェアは、朝は駅からオフィス街、
夕方はその逆といったように人の
流れに合わせて自転車の配置が
偏る傾向があるそうです。

運営側が人員をさいて再配置を
行えばコストがかさむが、割引の
導入によって「一定の働きかけをすれば、
利用者による再配置が起こる」(室山氏)と
みているそうです。

なかなか賢いですね。
面白い取り組みです。
ヒットするでしょうか。

|

豆乳

日本豆乳協会のデータだそうです。

2017年の豆乳製造量は前年比8・1%増の
33万9281キロリットルで、過去最高を
更新したそうです。

前年超えは9年連続となる。大豆と水のみを
原料とする無調整豆乳の伸びが特に
大きいそうです。

同協会は「健康を気遣い、豆乳を
常飲する人が増えた。家庭、外食ともに
料理の材料として使われる機会が
多くなっている」と分析しているそうです。

分類別に見ると、最も伸び幅が大きいのは
無調整豆乳で、前年比19%増の9万304
キロリットルだったそうです。

「製造技術が高まり、豆乳に残る大豆の
臭みが軽減されて飲みやすい商品が
多くなった」(同)そうです。

健康志向ですからね。
そして、豆乳がおいしくなっています。
これからも増えますね。

|

ツタヤ

TSUTAYAは2017年度だけで
全国70店舗以上も閉店しているそうです。

その分布は北海道から沖縄まで都心、
郊外を問わず広範に及び、決算を控える
年度末には閉店店舗が更に増える
可能性もあるそうです。

映像・音楽の定額配信サービスが
急速に普及するなか、豊富なレンタル作品を
ラインナップする実店舗は“時代遅れ”な
存在としてこのまま消え去ってしまうのだろうか。

都内初の都市型店舗として1994年10月に
開業した「恵比寿ガーデンプレイス店」は、
“ないビデオはない”をコンセプトに、
都内屈指のビデオ・DVDの品揃えを誇っていた
旗艦店だったそうです。

隣接する「ウェスティンホテル東京」では
全客室にDVDプレーヤーを設置し、
宿泊客はDVDレンタルが無料になるなど
独自のサービスも魅力だったが、2月末での
閉店が決まったそうです。

最近は、「Amazon Prime ビデオ」や
「Netflix」といったネット動画配信サービス
、「Spotify」や「LINE MUSIC」といった
音楽配信サービスの台頭しています。

ほとんどの曲が聞けますね。
音質もよいですね。

時代が変わってきていますね。

|

米国車

日本の自動車市場が、米国の
大統領経済報告で「閉鎖的」と
批判され、“開放”への圧力が強まる
懸念が高まったそうです。

ただ、日本側は非関税障壁はないという
立場で、米国車が売れないのは、ドイツ車などと
比べてブランド力が低いことなどが
要因との見方が強いそうです。

昨年のブランド別国内新車販売台数を
みると、米ゼネラル・モーターズ(GM)の
シボレーは809台、キャデラックは580台、
FCA USのクライスラーは213台などだそうです。

道路や駐車場が狭く大型車が敬遠されがちなことや、
燃費性能が低いイメージで苦戦しているそうです。

ドイツ車は、高級感がありますが、アメリカ車は
いまいちですね。

燃費もよくありません。

もっと、よい車を作らなければ、日本市場では
売れませんね。

|

過疎地域

総務省が21日に「田園回帰」に関する調査結果を
公表したそうです。

過疎地域の人口の少ない地域ほど、
移住者が増えている実態が明らかになったそづえす。

 同省は5年に1回行う国勢調査を基に、
「都市部から過疎地域への移住者」の
実態を分析したそうです。
2000年4月1日時点の市町村を区域として、
10年から15年までの5年間の動向を調べたそづえす。

国勢調査を分析した結果、2010~15年の
5年間で都市から移住した人が増えた
過疎地域は、人口2000人以下の区域が
35%と最も多く、2000人を超える区域を
上回ったそうです。

「特に条件不利とされる地域で移住が
増えている」(同省過疎対策室)傾向が
鮮明となったそうです。

その理由を、農村の人口動態を分析する
持続可能な地域社会総合研究所の
藤山浩所長は、「都市の住民は“より本物の”田舎を
求めて農村へ向かう。また、都市から離れた
地域ほど独自の魅力や資源を打ち出し、
都市住民を魅了する」そうです。

そうかもしれませんね。

でも人口が増えているのはよいことです。
都会から田舎に移住したいと思うのですね。

|

工作機器需要

装置の位置決めに使われる直動案内機器や
ボールネジなどの工作機器の需要が
勢いを増しているそうです。

半導体製造装置、工作機械、産業用ロボット
向けの引き合いが活発化しているそうです。

機器メーカー各社はレンタル工場の
活用や人員の拡充などにより生産を
拡大するが、「納期が1年を超える
商品もある」(機器メーカー幹部)そうです。

一方、生産コストの増加を反映した
値上げが受け入れられはじめており、
需給の逼迫(ひっぱく)感は高まっているそうです。

「中国では受注制限をかけているが、
2017年10―12月期は過去最高の
受注額になってしまった」そうです。
THKの寺町彰博社長は都内で開いた
決算説明会で、17年4月から無理な
受注を控える中国市場の状況をこう指摘しているそうです。

需要が好調のようですね。
いいことです。

|

北海道のコンブ生産

北海道内でコンブの生産量が
低迷しているそうです。

道によると、2017年の生産量は20年前の
ほぼ半分の1万5千トン(速報値)だったそうです。

漁業者の高齢化に加え、人手不足で
水揚げしたコンブを洗ったり乾燥させたりする
作業に携わるアルバイトを確保しづらくなって
いるそづえす。

資源は潤沢にあるものの、十分に採りきれない
ケースも出ているそうです。

日高昆布の産地として知られる
日高管内えりも町。
毎年7~10月、漁業者が小型船に乗って
専用のさおで最長7メートルほどのコンブを
採った後、浜に近い干場でアルバイトが
砂利の上に1枚ずつ並べて乾かすそうです。

コンブを干さずに置いておくと、
くっついて固まってしまうため、
採ったその日に作業を終えるのが
基本だそうです。

いろいろなところで人出不足になっていますね。
高齢化の問題もあります。

厳しいですね。

|

円高

16日の東京外国為替市場の円相場です。

1ドル=105円台後半に上昇しました。

105円台を付けたのは2016年11月10日以来、
約1年3カ月ぶりだそうです。

金融市場の不安定化が続くとの見方から、
安全資産とされる円を買ってドルを
売る動きが優勢となったそうです。
午後1時08分現在は105円83~84銭と
前日比53銭の円高・ドル安です。

東京株式市場は、前日の米国株上昇を
好感し、値下がりしていた銘柄の買い戻しが進みました。

日経平均株価は続伸し、上げ幅は一時
前日比400円を超えた。
ただ、投資家の不安心理は依然くすぶっており、
午後1時15分現在は279円23銭高の
2万1744円21銭と伸び悩んだそうです。

円高になっていますからね。
円高は、株価を下げますね。
どこまで円高になるのでしょうか。

|

フィッシング詐欺

有名な企業などを名乗ったメールを
送ってきて、そこにあるURLなどを
クリックさせて、個人情報やクレジットカード番号などを
窃取するような詐欺は後を絶たないそうです。

「フィッシング詐欺」です。

昨年末にも「あなたのApple IDのセキュリティ質問を
再設定してください」という件名のあたかも
Appleを装った巧妙なフィッシング詐欺
メールが発生していたそうです。

多くの人が巧妙な怪しいメールをもらった
経験をしているだろう。
このようなフィッシング詐欺メールは
日本だけでなく、世界規模で拡大し多発しているそうです。

名乗っている企業名が現地の人たちに
馴染みがあるかどうかの違いだけで、
手口はほぼ同じだ。
あたかもその企業からの問い合わせや
依頼のような巧妙なメールの文面で、
思わずメール内にあるURLなどをクリックして
しまったり、添付ファイルを開いてしまい
被害に遭うケースが多いそうです。

今回は、アマゾンからの感謝状が郵送されて
きたそうです。
郵便物でも、詐欺が出てきているそうです。

気をつける必要がありますね。

|

ジャパンディスプレイ

ジャパンディスプレイ(JDI)です。

14日、2017年4~12月期連結決算を
発表したそうです。

1006億円の純損失になったそうです。

主要顧客の米アップルが昨年発売した
「iPhone(アイフォーン)」の一部に、
JDIの液晶ではなく他社の有機EL
(エレクトロルミネッセンス)が採用された
ことなどが響き、赤字幅が拡大したそうです。

早期退職を募集するようですね。

液晶しかなく、アップルに依存しすぎています。

有機ELの生産もやっと始めたばかりです。

新型液晶を生産し始めたようですが。

経営陣の判断が遅すぎますね。

|

マックの業績

日本マクドナルドホールディングス(HD)です。

13日、2017年12月期連結決算を
発表したそうです。

最終利益が前期比4.5倍の240億円となり、
6年ぶりに過去最高を更新したそづえす。

売上高は11.9%増の2536億円だったそうです。
20年末までに150~200カ所の
新規出店などを柱とする3年間の
中期経営計画も公表。
店舗数を10年ぶりに純増させるそうです。

14年の期限切れ鶏肉問題以降、客足回復に
向け既存店の改装に注力してきたが、
業績回復を受け、サラ・カサノバ社長は
記者会見で「新たな成長ステージへ移る」と
宣言したそうです。

今年は35~40の新規出店を計画し、退店と
差し引き約20の純増を見込む。そうです店

やっと、問題の影響がなくなってきました。
1つの問題がここまで影響するのは
驚きます。

|

自己破産

最高裁がまとめた2017年の
個人の自己破産申立件数(速報値)です。

前年比6・4%増の6万8791件で、
2年連続で増えたそうです。

伸び率は16年(1・2%増)から
大幅に拡大したそうです。

自己破産は16年から前年比増加に転じ、
ペースが上がっているそうです。
ここ数年で貸し出しが急増した銀行カード
ローンの影響もあるとみられるそうです。

以前の自己破産減少は、消費者金融への
規制強化の影響が大きかった。
多重債務が社会問題となり、06年に
改正貸金業法が成立しました。

その一方で、消費者金融と同じ業態なのに、
規制対象外の銀行カードローンの貸出残高が
急増したそうです。

13年春からの4年間で1・6倍に
膨らみ、消費者金融の残高も抜いたそうです。

結局、消費者金融が、銀行に変わっただけです。
だめですよね。

政府は規制すべきですね。

|

麻生財務相

麻生太郎財務相です。

在任期間が12日、戦後歴代1位と
なったそうです。

在任期間は1875日に上り、1980年代から
2000年代に複数回、財務相(蔵相)を
務めた宮沢喜一氏(1874日)の記録を
塗り替えたそうです。

麻生氏は、在任期間中に6度の予算案を
編成したほか、法人税の実効税率20%台への
引き下げなど、成長志向の税・財政改革に
取り組んできました。

麻生氏は、第2次安倍晋三政権が発足した
2012年12月26日から財務相を務める。

副総理のほか、金融担当相、デフレ
脱却の担当大臣も兼務しており、
日銀の黒田東彦総裁と連携して、
大規模な金融緩和と財政運営を
進めてきました。

歴代1位ですか。
すごいですね。
安倍政権が長いですからね。

|

日銀総裁

政府は9日、4月8日に任期満了を
迎える黒田東彦日銀総裁(73)を
再任する方針を固めたそうです。

「異次元緩和」と呼ばれる大規模
金融緩和で「デフレ脱却の道筋を
作った」と政府は手腕を高く評価しており、
現行路線の継続が望ましいと判断したそうです。

日銀総裁を2期連続で務めるのは、
山際正道氏(在任1956~64年)
以来で、戦後3人目だそうです。

3月19日で任期が満了する中曽宏、
岩田規久男両副総裁の後任は、雨宮正佳・
日銀理事(62)や、財務省出身で
安倍晋三首相の経済ブレーンである
本田悦朗スイス大使(63)らを
候補に調整しているそうです。

正副総裁人事案は今月半ばにも
国会に提示するそうです。

デフレは、まだ道半ばですが、
この景気の持続は必要ですね。
妥当だと思います。

|

大塚家具

大塚家具です。

8日、2017年12月期決算(単体)を発表したそうです。

純損益が72億5900万円の赤字(前期は
45億6700万円の赤字)になったそうです。

赤字は2年連続で、過去最大。

経営権をめぐる創業者一族の「お家騒動」後、
企業イメージの立て直しが遅れ、業績不振が
続いているそうです。

売上高は前期比11.3%減の410億円。
東京都などの郊外型大型店を中心に
売り上げが振るわなかったそうです。

一部店舗の売り場面積縮小のため
構造改革費用を計上したことも
響いたそうです。

新しい社長の手腕が試されています。
赤字ですか。
厳しいですね。

|

宿泊税

福岡県がホテルや旅館の宿泊者に
課税する「宿泊税」の導入の検討を
始めるそうです。

外国人客の受け入れ態勢強化など
観光施策の財源に充てるそうです。

今春にも有識者などによる会議を
発足させ、課税額や対象、税収の
使途などを議論するそうです。

今秋までにまとめる検討結果を踏まえ、
制度設計の詳細を詰めるそうです。

宿泊税は自治体が特定の使途のために
課税する法定外目的税。

東京都と大阪府が導入し、京都市は10月からの
課税を目指しているそうです。
北海道や金沢市も検討中で、九州で
検討の動きが具体化するのは初めてだそうです。

福岡県が東京都や大阪府並みの課税とした場合、
税収は年間3億5千万円程度になるそうです。

どのように使うかですね。
きちんと用途を決めたほうがよいですね。

|

ヤマト運輸

ヤマト運輸を傘下に持つ
ヤマトホールディングスの業績です。

2017年4~9月期決算は128億円の
赤字になったそうです。
通期では黒字を確保する見通しだが、
10%の営業減益となる可能性が高いそうです。

同社はアマゾンをはじめとする
ネット通販事業者からの委託を
積極的に引き受けることで
取扱数量を伸ばしてきたが、
急激な荷物の増加に現場が対応できず、
業務が回らなくなるという事態が発生したそづえす。

このため同社は取引相手各社に値上げを
通告するとともに、取扱数量の削減を
試みたものの、目論見通りにはなっていないそうです。

ヤマトが苦しい状況にあるのは、通販向け
業務の見込み違いが直接的な原因だそうです。

同社は佐川がアマゾンの配送から
撤退したことを最大のビジネス・チャンスと
捉え、積極的にアマゾンの業務を取りに行ったそうです。

本来であれば、取扱量の増加に
合わせて人員を拡充すべきだったが、
同社の対応は遅れ、現場では長時間残業が
頻発したそうです。

経営者の責任ですね。

|

日産自動車

日産自動車です。

中国の合弁先である東風汽車集団は
5日、向こう5年間で600億元(95億ドル)を
中国に投資する計画を明らかにしたそうです。

中国市場でトップ3入りを目指すそうです。
販売台数を昨年の150万台から
2022年までに260万台に引き上げる計画だそうです。

電気自動車(EV)の販売や、日産が中国で
展開する「ヴェヌーシア」ブランドの販売に
注力するほか、小型バン・トラックの販売拡大も
目指すそうです。

中国は、自動車販売は世界一ですからね。

各社が、投資をしています。

日産も1兆円近い金額を投資するのですね。

すごい金額です。

|

IPhoneの影響

電子部品5社の2017年4―12月期連結決算が
出そろったそうです。

3社が増収、営業増益となったそうです。

米アップルがスマートフォン「iPhone(アイフォーン)X(テン)」を
18年1―3月期に減産する動きを見せているが、
17年12月までの各社の受注は好調のようです。

一方でスマホへの偏重から脱却するため、
各社とも車載などスマホ以外の強化を
鮮明にしているそうです。

京セラはスマホ向けだけでなく、半導体業界全体の
好調さの恩恵を受けているそうです。
半導体製造装置向けセラミックス部品が
好調に推移し「19年3月期は(同部品の生産量が
前期比)50%増を超える」(谷本秀夫社長)そうです。

アイフォーンテンの減産については、
すでに電子部品各社に漏れ伝わっていたそうです。

特に、影響度合いが大きいTDKや
村田製作所、アルプス電気は
早い段階で察知していたそうです。

日本の部品メーカーはしたたかですね。
リスク分散しています。
すごいですね。

|

アサヒ飲料

アサヒ飲料です。

お披露目したのは飲み物を
氷点下にまで冷やせる
自動販売機だそうです。

通常、自販機の冷たい飲み物は
およそ5度に保たれていますが、
それよりも10度も低いマイナス
5度にまで冷やして販売するそうです。

グラスに注ぐと表面に氷が浮かぶほどの
冷たさで、炭酸飲料が最も売れる
夏場に向け、4月から全国で
展開を始めるそうです。

コンビニの台頭で自販機による飲み物の
売り上げがピーク時の3分の2にまで落ち込む中、
アサヒ飲料は「付加価値のある
自動販売機を打ち出すことで、
1台あたりの販売額を伸ばしたい」そうです。

今のままでは販売が増えませんからね。
夏は、冷たいものがほしくなります。
いいかもしれませんね。

注目です。

|

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »