« コンビニの雑誌 | トップページ | Zipper休刊 »

加熱式たばこ税

政府・与党が、2018年度税制改正で
増税を検討している「加熱式たばこ」の
たばこ税についてです。

メーカー3社ごとの税率の引き上げ幅が8日、
明らかになったそうです。

各社の税負担は現在、紙巻きたばこの
1~8割程度だが、見直しで7~9割程度に
なるそうです。

商品の重さに課税していた現行方式を
見直すことで、税額を紙巻きに近づけるそうです。
増税分が価格に転嫁されれば、値上げにつながるそうです。

現行制度での加熱式の税負担は、最も低い
日本たばこ産業(JT)の「プルーム・テック」が
1箱当たり約34円で、紙巻き(1箱約245円)の
1割超。
見直しではこれを7割程度に引き上げるそうです。

ブリティッシュ・アメリカン・タバコの「グロー」は
約5割から8割程度、フィリップ・モリスの「アイコス」は
8割弱から9割程度になるそうです。

税金を上げるのはすぐに上げるのですね。
税金の無駄遣いもみなおしてほしいですね。

|

« コンビニの雑誌 | トップページ | Zipper休刊 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事