« サンマ不漁 | トップページ | カルチュア・コンビニエンス・クラブ »

auの学割

KDDIが、前回の半額程度となる新しい
学割を打ち出すそうです。

格安スマートフォン事業者との熾烈(しれつ)な
顧客獲得競争を勝ち抜くためだそうです。

データ利用量に応じて変動するなど他の
携帯大手にない新料金プランが年内に
400万契約に達する見込みとなるそうです。

新学割も新料金プランからさらに割り引くことで
差別化も図り、貴重な新規顧客の中高生ら
若者を取り込むそうです。

KDDIは、ソフトバンクの格安スマホブランド
「ワイモバイル」など格安スマホ事業者への
顧客流出の影響が、NTTドコモやソフトバンク
よりも大きいそうです。

そのため、7月から始めた変動制料金の
「ピタットプラン」と大容量のデータを
利用できる「フラットプラン」で流出を防ぐことに
躍起になっているそうです。

新プランは順調に契約を伸ばしているが、
「流出は止まってはいない」そうです。

格安スマホはいろいろいわれていますが、
着実に増えていますからね。
携帯各社も繋ぎ止めるのに必死です。

|

« サンマ不漁 | トップページ | カルチュア・コンビニエンス・クラブ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事