« パラダイス文書 | トップページ | すき家 »

三越伊勢丹

経営再建中の三越伊勢丹ホールディングス(HD)です。

杉江俊彦社長は7日の決算記者会見で、
新たな早期退職制度の概要を明らかにしたそうです。

部長級の早期退職の対象年齢を
現在より2歳若い48歳からとし、
退職金を最大5000万円上乗せするそうです。

バブル経済期に大量入社した総合職を
中心に高止まりしている人件費を減らすそうです。

新たな早期退職制度は1日に募集を
開始したそうです。

3年間で800~1200人の応募を想定しているそうです。

杉江社長は、いわゆるバブル入社組の数が
他世代に比べ3~4倍に上ると説明。
「今の退職金では誰も手を挙げない。
(昇進できず)不満を持っている世代にしっかりとした
金額を示した」と述べたそうです。

早期退職とは言えすごい退職金ですね。
一番、人が多いのですね。
 

|

« パラダイス文書 | トップページ | すき家 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事