« 神戸製鋼所 | トップページ | 訪日客 »

パチンコ業界

規制強化のあおりでパチンコ業界が
窮地に立たされているそうです。

駅前の好立地でにぎわっていたホールも、
いつの間にか閉店しており、
業界環境の厳しさがうかがえるそうです。

こうしたなか、パチンコホール経営業者の
倒産件数が増加に転じたそうです。

2004年以降に新基準に沿った5号機のみ
設置するという規制がきっかけで倒産が増えたそうです。
規制強化により、新台入荷を強いられたパチンコホールは、
費用負担が生じただけでなく、射幸性が落ちたことで
集客力も低下してしまい、経営が厳しくなったそうです。

05年は39件、06年は54件の倒産が発生。
この間に大手パチンコホール経営業者が倒産したほか、
金融機関の取引スタンスが変化したなど複合的な
要因が重なり、07年と08年は、それぞれ72件の倒産が
発生。
これが過去最高の水準となっているそうです。

でも、パチンコってギャンブルですからね。
依存症も出ています。
規制したほうがよいと思います。
必要ない業界だと思いますが。

|

« 神戸製鋼所 | トップページ | 訪日客 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事