« KENNEDY | トップページ | 期間従業員 »

診療報酬

政府は2日、2018年度診療報酬改定について、
診療報酬の医師や薬剤師の技術料にあたる
「本体部分」を微増させる方向で検討に入ったそうです。

18年度からの薬価制度改革の影響を
考慮するためだが、引き上げ幅は
財政健全化を踏まえ、前回16年度改定の
0.49%を下回る見通しだそうです。

医薬品や材料の価格である「薬価部分」は
本体部分の増額分以上に引き下げられ、
診療報酬全体ではマイナス改定となるそうです。

公的保険で扱われる薬の市場実勢価格は
販売競争などで薬価よりも安くなるのが
一般的で、医療機関は薬価と市場実勢価格の
差額分を人件費などに充てているそうです。

原則2年に1度の薬価改定でこの価格差を解消しているが
、「2年に1度の改定では薬価が高止まりし、
医療費や患者負担が増えている」といった指摘も根強く
、政府は昨年末に取りまとめた薬価制度改革の
基本方針で18年度から毎年改定の導入を決めたそうです。

医療費が多すぎますね。
もっと、薬価を下げるべきですね。
そして、患者に薬を出しすぎますね。

抑制する対策がないのでしょうか。

|

« KENNEDY | トップページ | 期間従業員 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事