« 訪日客 | トップページ | トヨタのEV »

エア・ドゥ

エア・ドゥ(ADO/HD)です。

11月16日、2018年2月1日から7日までの
期間中、羽田-札幌線で計13往復26便が
運休すると発表したそうです。

11月の運休と同じく機長不足によるもので、
3月からの夏ダイヤに影響が及ぶかは
わからないそうです。

運休するのは、羽田を午前8時15分発の
札幌行きHD15便や、札幌午後4時発羽田行き
HD28便などで、運休日は便により異なるそうです。

エア・ドゥの機材は、中型機の
ボーイング767-300ER型機(1クラス286席と
同289席)と767-300(同288席)が各2機ずつ、
小型機の737-700(同144席)が9機の計13機体制だそうです。

同社によると、運休理由は11月と同じ機長不足で、
8月と10月に737の機長が自己都合で合わせて
2人退職したことと、4機ある767のうち1機が
重整備のため2月に運航から離脱することで、
737の稼働が高まることが要因だそうです。

人手不足なのですね。
特に、機長はいませんね。
退職されるとどうしようもないですね。
需要があるのにもったいない気がします。

|

« 訪日客 | トップページ | トヨタのEV »

経済・政治・国際」カテゴリの記事