« グリーの株価 | トップページ | 診療報酬 »

KENNEDY

10月2日、都内を中心にステーキ&カフェ
「KENNEDY(ケネディ)」などを展開していた
(株)ステークスです。

東京地裁に破産を申請、同日、破産開始
決定を受けたそうです。
関連会社1社を含む負債総額は14億3700万円
だったそうです。

「カフェ感覚で気軽にステーキ」をモットーに、
カジュアルなステーキ店として一時は人気を博したそうです。

だが、同業との競合で顧客を奪われ、安易に
値引き頼りの戦略が自らの首を絞めたそうです。
夏場から取引先への支払遅延が相次ぎ、
信用不安が広がりを見せるなかで経営は
限界に達したそうです。

ステークスは1998年1月に現社長の父、
兄らが中心となってステーキレストランを
開業したそうです。
最初はよかったそうです。

同社の成長曲線は2014年12月期を
境に急速に下降していったそうです。
世間では「肉ブーム」が巻き起こって
競合店が増えて経営が悪くなったそうです。

競争が激しくなっていますね。
外食産業は厳しい業界です。

|

« グリーの株価 | トップページ | 診療報酬 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事