« 新型リーフ | トップページ | 経常黒字 »

北朝鮮への制裁

国連安保理の対北制裁決議案の
切り札とされる石油禁輸が実現した場合、
北朝鮮に与える経済的ダメージは
極めて大きいそうです。

石油精製品としてのガソリンの供給を
断ち切ることによって自動車や船舶、
航空機の稼働がさらに困難となる。

また、戦闘機などの通常戦力、ミサイルは
もちろん、移動式弾道ミサイルの
運搬車両にも影響が及ぶそうです。

石油禁輸に反対するロシアなどが指摘するように、
病院など一般市民の生活が深刻な影響を受ける
ことも予想されるそうです。

社会混乱が起き、大量の難民が発生する
ことや、政権崩壊までもが中国などでは
懸念されているそうです。

ただ、プーチン露大統領が指摘したように、
「北朝鮮は草を食べても核を放棄しない」
ものとみられる。
人民の生活よりも、金正恩(キム・ジョンウン)政権の
維持に直結する核やミサイルが重要であるためだそうです。

第二次世界大戦の日本と似ています。
あのときは、アメリカが原油の輸出をとめました。
原油の影響は大きいですね。

|

« 新型リーフ | トップページ | 経常黒字 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事